『35歳の少女』柴咲コウ、第1話とはまるで別人に 現代人に突き刺さるナイフのような台詞の数々

 柴咲コウが主演を務めるドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)が11月28日に第8話を迎えた。

 「自分のためだけに生きていく」。結人(坂口健太郎)に向かってそう告げた望美(柴咲コウ)。第8話はそれぞれのキャラクターが最も劇的な変化を見せた回だ。

 結人は再び教師としての道を歩み出すものの、デザイナーの夢に挫折した愛美(橋本愛)は結人がかつていた代行業の会社に登録。進次(田中哲司)の義理の息子・達也(竜星涼)は、母の加奈(富田靖子)に貰った100万円から増やした金を軍資金にでっかいこととして競馬場に向かっていた。

 そして、望美はYouTubeを使って時間を売買することを呼びかける“灰色の男”へと豹変していた。笑顔は消え、その見た目は悟りを開いたYouTuber。暇を持て余した人から時間を買って、やることがいっぱいあって時間が足りない人のために使ってもらう。家事に、雑務、近所付き合いから親の介護まで。爆発的な再生回数と手数料で金銭を蓄えた望美は、マンションの部屋から一歩も出ずに生活出来る今の状況に満足し、一人で生きていくことを決めていた。

 望美を説得しようと進次、愛美、結人、多恵(鈴木保奈美)が部屋を訪ねるが、「もう関係ない」の一点張り。無駄なものはそぎ落としていく。必要なものは情報と金、自分。平気で人の心にナイフを突き刺していくような、人としての優しさを失ってしまった望美は結人の言葉にも耳を傾けずに「私たちはさよならを言うために出会ったの」と、映画『陽のあたる場所』の名ゼリフを引用し別れを告げる。

 衝撃的な展開を見せるのが、多恵とのやり取りだ。不幸せをばら撒くような生き方をする娘に育ててしまったと責任を感じた多恵は、望美とともにマンションの窓から身を乗り出し死を選ぼうとする。「私はあなたをこんな人間にするために25年頑張ったわけじゃない」。必死に望美の心へと訴えかける多恵。形相と言ってもおかしくはない、画面いっぱいに映る鈴木保奈美のその表情、演技は、初めて今作で見せた魂の叫びだ。