Snow Man、国立新美術館で『滝沢歌舞伎』を語る 向井康二の“滝沢秀明監督”評価にツッコミも!?

 『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』の完成記念イベントが11月24日に国立新美術館で行われ、Snow Manの岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介が登壇した。

 故ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、2006年より愛され続けてきた『滝沢歌舞伎』。昨年『滝沢歌舞伎ZERO』として演出・滝沢秀明、主演・Snow Manで新たなステップを登った舞台が、今年は『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』として生まれ変わる。

 日本の芸術文化の育成と芸術発信拠点となる国立新美術館でのイベント開催は、実写映画のイベント史上初となったこの日。Snow Manのメンバーは、和装・紋付き袴(それも雪の紋)で登場し、まずはそれぞれの挨拶からイベントがスタート。

 今年のコロナ禍の影響により当初の舞台公演から一転、映画としての製作が決まったことに対して岩本は「純粋に映画になるんだと嬉しかったです。舞台を楽しみに待ってくれているファンに悲しい思いをさせるだけでは終わらせない。映画ではどう届けられるんだろうとワクワクしました」とコメント。深澤は「舞台が中止になったのは悲しかったです。でも、映画になることにより多くの人に見ていただける。この映画はたくさんの人に笑顔や勇気を与えられる作品になっています」と想いを語った。そして、本作で初めてメガホンを取った滝沢秀明監督についてラウールは「舞台では演出をやっていらっしゃって、今回は監督で。周りのスタッフさんと連携を取っていました」と撮影時の監督の様子を答えると、向井は「監督は自由に伸び伸びとやらせてくれましたね。ちゃんとコミュニケーションも取れていて、初めての監督にしてはちゃんとできていましたね!(笑)」と冗談交じりにコメント。メンバーから「どこ目線だ!」と突っ込まれ、会場は和気あいあいとした雰囲気になった。

 また、印象に残っているシーンを聞かれた阿部は「日光江戸村でロケをした“鼠小僧”のシーンです。舞台上で演じるのではなくて、ロケで撮影をしたのでより物語に入り込める面白さがありました。笑いどころも沢山あるのでリラックスして観てほしいです」と注目ポイントを明かす。目黒は「たくさんやった殺陣のシーンです。殺陣の撮影中にカメラマンさんが僕たちの間に入って撮影をしているので臨場感がありました。普段では見ることのできない『滝沢歌舞伎』の臨場感に注目してほしいです」と映画ならではの見どころを語る。そして、宮舘は「歌いながら踊った“組曲”ですね。雨に打たれながら撮影をしていて、舞台では見ることのできないような、映画ならではのシーンになっているので注目してほしいです」と熱弁をふるった。

 そして、完成した本作を新橋演舞場で鑑賞したというSnow Manのメンバー。その中でも渡辺は「映画の良さがしっかり出ていて、観た後にすごい満足感がありました。生ものの舞台では客席からの視界に限界があって、映画ではそれをしっかり超えています。これまで舞台を観てきた人にとって『この角度から見たい!』という気持ちがあったと思うので、今回の映画ではその期待に応えられるし、みんなに優しい作品になっていますね」とコメント。続いて佐久間は「舞台でやっていた生の熱量が伝わるか分からなかったけど、映像をチェックして『凄いな!』って。映画の枠組みを超えている作品だなって思いました。本当に観なきゃ損です!」と振り返った。また岩本は「気がづいたらサーっと涙が出てきていました。映画だからといって構えずラフに観てほしい。完成した映像を観て本当に嬉しかったです」と感慨深くコメント。深澤は「前半は見入っちゃうシーンがたくさんあって、後半は笑えるシーンが多くあるので、スクリーンに笑い声が溢れます! 公開されたら渋谷に観に行きます!(笑)」と笑える作品にもなっていることをアピール。ラウールも「映画として芝居をしたのが初めてで、主演も初めてだったので、凄い貴重な経験をさせてもらえたなって感動しました」と感謝し、向井は「以下同分です(笑)。見どころが盛りだくさんです! 色んな映画のジャンルを見ている感じなので、どのシーンがおススメか選べないです! 全部お進めです!」と熱いメッセージを送ると、目黒は「映画に出るのが初めてでした。自分が大きいスクリーンに出ているのが不思議でした。映像も綺麗で臨場感がすごくて、舞台を観ているような迫力もあって凄く楽しめました!」、阿部は「見どころ盛りだくさんなんですけど、舞台と違うのは滝沢監督から『ここはカメラ目線をしてOKだよ』って言われて、 大画面でぼくらのカメラ目線が見れるというところには注目してほしいです!」と映画ならではの注目ポイントを語る。宮舘は「今回はすごくたくさんいろんなことを考えて撮影に挑みました。自分たちの成長を映像として見せていけるのかと思いながら完成した映像を観させていただきました」と振り返った。

 さらに、本作では演出・滝沢監督、出演・Snow Manによる「滝沢歌舞伎オリジナル 映画鑑賞マナー映像」が制作され、イベント会場で初披露された。制作された経緯を松竹の新垣プロデューサーは「本作は10月から特別上映が始まって、いよいよ12月4日に全国公開を迎えます。映画館に来て下さる方をメンバーそれぞれの個性が出ている楽しい特別映像で迎えたいです」と特別映像に込めた想いを語り、今回披露された映像以外にも「“手洗い・消毒”など今の時代ならではのマナー映像となっているので楽しみにしてください!」とコメントする深澤。マナー映像ではメンバー全員が「鼠小僧」の衣装であることに対して、向井は「僕のアイデアです!(笑)嘘です。滝沢監督のアイデアです。自分は悪役を演じているので、特別映像で笑顔を見せることができて楽しかったです」と話すと、「ここでしか悪役の笑顔は見れないですよ」と深澤からツッコミが入る一幕も。今回披露されたマナー映像は映画館用の特別映像となっており、本作の上映前に数種類のマナー映像が週替わりで上映されることが予定されている。そのことについて阿部は「本編の前に見ることができて、数パターンあるので週替わりで是非コンプリートしていただきたです!」とメッセージを送った。

 最後にラウールは「『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』という作品を多くの方に知ってほしいです! よろしくお願いいたします!」と挨拶し、岩本は「本当にたくさんの方に笑顔を届けられる作品だと思います。僕たちのエネルギーが形を変えて多くの人に届いてほしい。マナーを守って是非、劇場にお越しください」と力強く挨拶しイベントは幕を閉じた。

 イベント後の囲み取材で「今年の漢字」を聞かれた岩本は「今年は色々なことを感じることが多くて、初めて感じることもたくさんあって、多くの人に感謝する年でもありました。そして僕たちのパフォーマンスを体感してほしいということで、“感”です」と3つの“感”が詰まった年だったとコメント。最後にSnow Manのメンバーはファンに向けて、「究極の和のエンターテインメントになっているので、今まで舞台を観てくださっていた方もすごいと思ってくださるような作品になっていますので是非劇場でよろしくお願いいたします」と締めくくった。

■公開情報
『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』
10月・11月、新橋演舞場、南座、御園座にて特別上映
12月4日(金)全国公開
Eternal producer:Johnny H. Kitagawa
監督:滝沢秀明
振付:五関晃一(A.B.C-Z)
出演:Snow Man(深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介)、ジャニーズJr.(佐藤新、影山拓也、鈴木大河、基俊介、椿泰我、横原悠毅、松井奏(IMPACTors)、小田将聖(少年忍者))ほか
企画・配給:松竹
(c)2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/takizawakabuki-zero-movie/