仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』予告編 折坂悠太の主題歌も初公開

 仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』の予告編が公開された。

 本作は、新人映画監督・佐藤快磨によるオリジナル脚本作。青春の終わりをテーマに、迷いながら大人になっていく20代の若者たちの姿を描く。物語のモチーフとして、近年ユネスコの無形文化遺産に登録された来訪神行事「男鹿のナマハゲ」が重要な役割を担っている。いつまでも「父親」の自覚を持てない主人公・たすく役で仲野が主演を務める。

 そのほか、たすくの妻・ことねを吉岡里帆、たすくの親友役を寛一郎、たすくの兄を山中崇、たすくの母を余貴美子、たすくが秋田を離れるきっかけとなったナマハゲ行事を存続する会の会長役を柳葉敏郎が演じる。

映画『泣く子はいねぇが』予告編

 公開された予告編では、子供が生まれてもなお父親の自覚がないたすく(仲野太賀)は、育児に疲れ果てた妻のことね(吉岡里帆)から「なーんにも考えてないでしょ」と突き放される。たすくは、男鹿の伝統行事「ナマハゲ」で大失態を犯し、家族を置いて逃げるように上京したもののそこにも居場所はなく、失ったものを取り戻したい一心で2年ぶりに帰省する。

 しかし周囲の目は冷たく、兄・悠馬(山中崇)には「帰ってきてみただけなんだべ、許してもらえるかもって」と浅はかな気持ちを見透かされる始末。さらに、再会したことねからは再婚することを告げられる。それでもことねの力になりたいと食い下がるたすくだが、「じゃあ払える? 養育費とか、慰謝料とか」と現実を冷酷に突きつけられるのだった。

 また本作の主題歌が、折坂悠太が書き下ろした「春」に決定。本作へ起用されたきっかけは、撮影中に、主演の仲野から折坂の楽曲が本作の世界観にぴったりだという提案から始まったという。曲を聞いたプロデューサーや監督は折坂の作品に強く惹かれ、主題歌だけでなく劇伴も依頼。交渉の末、今回初めて折坂が映画主題歌、そして、劇中に流れる楽曲全般も手がけることとなった。

折坂悠太コメント

どうだろう。男鹿の土の中で眠る種や幼虫は、芽吹き、這い出す自らの行く末を考えるか。
ただ今を、今だと思い、うごめき、もだえているのではないだろうか。
この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。
エンドロールの先に来る季節を想いながら、音を添えさせてもらいました。是非ご覧ください。

■公開情報
『泣く子はいねぇが』
11月20日(金)全国公開
監督・脚本・編集:佐藤快磨
出演:仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:スターサンズ/バンダイナムコアーツ
企画:分福/是枝裕和
製作幹事:バンダイナムコアーツ
(c)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会