岡田准一主演『ザ・ファブル 第二章』に宮川大輔、橋本マナミら出演 公開日は2021年2月5日に

 岡田准一主演映画『ザ・ファブル 第二章』の公開日が2021年2月5日に決定し、宮川大輔、橋本マナミ、黒瀬純、好井まさおら新キャストが発表された。

 累計発行部数750万部の人気を誇る南勝久のコミック『ザ・ファブル』(講談社ヤンマガKC刊)を映画化した2019年公開の前作は、圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称“ファブル”が、1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送るというミッションを遂行する模様が描かれた。

 先日発表された堤真一、平手友梨奈、安藤政信の追加キャストに加えて発表されたのは、ファブルが唯一感情をあらわにして爆笑するスベリ芸を得意とするお笑い芸人・ジャッカル富岡役に、前作に引き続きの配役となる宮川大輔。また、ファブルがドハマりしているジャッカル富岡主演ドラマ『恋という名のウィークデイ』でアイという役名で出演する女優役で橋本マナミ、表の顔はNPO団体代表だが裏の顔を持つ最恐の男・宇津帆(堤真一)が企む悪の計画に加わる裏社会の男・井崎役で黒瀬純(パンクブーブー)で出演。橋本と黒瀬は『ザ・ファブル』シリーズに初参加する。そして、ファブルが一般人・佐藤アキラとしてバイト中のデザイン会社オクトパスで働く同僚・貝沼役を好井まさお(井下好井)が務める。

 どんな相手も6秒以内に殺す“ファブル”(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説の殺し屋」と恐れる存在だったが、ある日、ボスから「一年間、誰も殺すな。“普通”に暮らせ」と命じられ、素性を隠して佐藤アキラという偽名を使い、相棒ヨウコ(木村文乃)と兄妹を装い“初めて一般人として”普通に暮らしている。アキラの初めてのバイト先であるデザイン会社では、社長(佐藤二朗)と社員のミサキ(山本美月)が、今日もアキラの描く子供のような絵に爆笑中。しかし一見平和なこの街では、表向きは子供を守るNPO代表、裏では緻密な計画で若者を殺す危険な男・宇津帆(堤真一)が暗躍。凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と共に、かつて弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃え綿密な計画を立てていた。同じ頃アキラは、宇津帆の元で暮らす、過去の事件でファブルが救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会する。

■公開情報
『ザ・ファブル 第二章』
2021年2月5日(金)全国公開
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社ヤンマガKC刊)
監督:江口カン
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
(c)2021「ザ・ファブル 第二章」製作委員会