安藤裕子の最新MVを短編映画化 門脇麦×宮沢氷魚共演の齊藤工監督作『ATEOTD』9月25日公開

安藤裕子MVを齊藤工監督が短編映画化

 齊藤工が企画・脚本・監督を務めた最新短編映画『ATEOTD』が9月25日よりイオンシネマほかにて劇場公開されることが決定し、ポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 俳優の斎藤工が齊藤工名義で8月末に監督を務めた本作は、安藤裕子の4年半ぶりの新アルバム『Barometz』収録曲の最新MVである7分28秒の「一日の終わりに」をショートフィルム作品として制作したもの。『ATEOTD』とは「 一日の終わりに」の英訳「At the end of the day」の頭文字を繋げた略語となる。

 門脇麦と宮沢氷魚が出演し、100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、家族も失い、自身もまたその病に蝕まれる運命を背負いながら天涯孤独にただ日々その一日を生きぬく男女の儚い夢と希望が描かれる。劇中のイラストは全て安藤裕子が手がけている。

 公開された場面写真には、終末世界の片隅、生命活動が許されたシェルターのなかで、日々孤独に暮らす門脇演じる女と宮沢演じる男の劇中でのそれぞれの一幕が収められている。

 なお本作は、清水康彦(MANRIKI)監督によるリモート作品TTF#6『でぃすたんす』および本作のメイキング映像も併映となる。

(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c)YUKO ANDO
previous arrow
next arrow
 
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c) 『ATEOTD』製作委員会
(c)YUKO ANDO
previous arrow
next arrow

■公開情報
『ATEOTD』
9月25日(金)からイオンシネマほかにて全国公開
原案・脚本・監督:齊藤工
出演: 門脇麦、宮沢氷魚
音楽・絵:安藤裕子
プロデュース・監督補・編集:清水康彦
チーフプロデューサー:小林有衣子
プロデューサー:野村梓二
ラインプロデューサー:安藤光造
配給:イオンエンターテイメント
2020年/日本/ステレオ/モノクロ・カラー/25分 
(c) 『ATEOTD』製作委員会
公式サイト:https://ateotd.tokyo/

『ATEOTD』 メイキングムービー (仮) (上映時間:6分)

TOKYO TELEWORK FILM #6『でぃすたんす』(上映時間:30分10秒)
監督・脚本・編集:清水康彦
企画・プロデュース:齋藤工
出演:滝藤賢一、筧美和子、平子祐希(アルコ&ピース)、酒井健太(アルコ&ピース)、古家祥吾(TCクラクション)、倉沢学、板谷由夏
音楽:藤森元生(SAKANAMON)
構成:はしもとこうじ、藤原ちぼり
公式サイト:http://teleworkfilm.tokyo



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる