川口春奈、『極主夫道』で玉木宏の妻役に 「たくさん笑って楽しく観てもらえるドラマになれば」

 玉木宏が主演を務める2020年10月期の日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』に、川口春奈が出演することが発表された。

 本作は、新潮社『くらげバンチ』で連載中で、累計発行部数が250万部を超えるおおのこうすけの同名コミックを実写化する任侠コメディ。裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”が極道から足を洗い、選んだ道は、なんと専業主夫だった。

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で帰蝶を演じていることでも話題の川口は、玉木が演じる専業主夫になった伝説の極道“不死身の龍”の妻・美久を演じる。デザイナーとして働くバリバリのキャリアウーマンだが、少しだけ天然。龍とは対照的で非常にルーズで、片付けが苦手な上、料理はこれでもかというほどヘタクソ。そのため、家事は龍に任せきりであるという役柄だ。エプロンに着替え、専業主夫に命をかける伝説の元極道とのやりとりに注目が集まる。

川口春奈 コメント

ドラマの出演が決まったときの気持ち

原作を読んで何も考えずにスラスラ読めてフッと笑ってしまう場面やほっこりする場面が多くて、こんなときにこそ、こういうドラマを作れること、携われることを嬉しく思います。

原作を読んで、美久にどんな感想を持ったか。役作りへの意気込み

バリバリのキャリアウーマンだけど、アニメ好きな一面もあったりと、いろんな顔を持っているのかなと思います。旦那さんとのシュールなシーンは個人的に楽しみなので、ツッコミを入れたり呆れたりしながら、楽しくやっていけたらと思います。

玉木宏との共演、楽しみにしている点など

今から、玉木さんの龍がとても楽しみでワクワクしてます。
二人でお出かけしたり、お家でのシーンも楽しみです。

視聴者へのメッセージ

これからの撮影がとても楽しみです。
ご家族でどうかたくさん笑って楽しく観てもらえるドラマになれば幸いです。

中山喬詞プロデューサー コメント

伝説の元極道で今は専業主夫という風変わりな夫の妻でありながら
龍にも負けないくらい個性的でパワフルな美久。
そんなある意味“最強の妻”を今最も勢いのある女優さんの1人である
川口さんに演じていただくことができ、期待感しかありません。
エネルギッシュで仕事も有能なのに、家事はからっきしダメで茶目っ気たっぷりな女性。
でも物事の本質をきちんと見極め、芯がブレない凛としたまっすぐな奥さん。
似た者同士な所もありながら、真逆な所もある年の差夫婦の
コミカルなやりとりに今からワクワクしています。
そして、どうやって2人は出会い…結婚までたどり着いたのか…など
ドラマオリジナルの2人の馴れ初めにも注目してもらいたいと思います。
ちょっぴり歪で変わっているけれど、“こんな家族って良いな”と
家族でご覧いただきながら感じ取ってもらえるはずです。
龍と美久ならではの愛のカタチをほっこり、ニヤニヤしながら
楽しんでもらえればと思います。

■放送情報
『極主夫道』
日本テレビ系にて、10月スタート 毎週日曜22:30~23:25放送
※放送話数、初回放送日未定
出演:玉木宏、川口春奈
原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)
脚本:宇田学ほか
監督:瑠東東一郎ほか
チーフプロデューサー:前西和成
プロデューサー:中山喬詞、清家優輝(ファインエンターテイメント)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ファインエンターテイメント
制作著作:読売テレビ
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/
公式Twitter:https://twitter.com/gokushufu_drama
公式Instagram:https://www.instagram.com/gokushufu_drama