『4分間のマリーゴールド』ようやく結ばれた秘密の恋は一瞬 福士蒼汰の諦めない気持ち

『4分間のマリーゴールド』ようやく結ばれた秘密の恋は一瞬 福士蒼汰の諦めない気持ち

 家族を想うあまりに爆発する廉(桐谷健太)の怒り。そしてその気持ちを受け止めるみこと(福士蒼汰)が廉に告げたのは、沙羅(菜々緒)に待ち受ける非情な運命についてであった。『4分間のマリーゴールド』(TBS系)第4話ではバラバラになりそうな家族を繋ぎとめようともがくみことの姿が描かれる。

 気持ちを伝え合ったみことと沙羅は、秘密で恋を育む。そんな時、広洋(佐藤隆太)の提案で花巻家はお祭りに行くことに。廉だけは過去の恋を引きずり、お祭りに行くのを頑なに拒否したが、みこと、沙羅、藍(横浜流星)、広洋、そして愛犬のシロは意気揚々と出かけていった。お祭りで、藍は琴(鈴木ゆうか)と、広洋とシロは子供たちと合流したため、みことと沙羅にはこれからの恋をどう育むか、2人の未来について話すチャンスができる。

 2人は、未来についてゆっくり話し出す。しかしみことは、話の流れで沙羅と手を合わせたためにまた沙羅の運命を見てしまうことになり、思わず浮かない表情に。心配する沙羅だが、みことはそんな沙羅にキスをする。すると、シロが逃げたと聞いて街に探しに出かけていた廉が偶然そのキスを目撃してしまう。怒りが収まらない廉は、後日みことに「沙羅が好きか」と詰め寄り、「好きだよ」と答えるみことに対して「だったら俺はお前の家族をやめる」と衝撃的な言葉を残すのであった。

 みことはその後、研修中の病院で出会った患者の「家族が家族じゃなくなるのなんて一瞬です」という言葉にハッとする。自身がかけられた廉からの言葉と重ね、家族のあり方を考えるのであった。しかしみことは沙羅も、そして廉や藍のことも諦めない。「一瞬でそうなるなんて嘘だった。俺は廉兄を、家族を諦めない」「そして死の運命を背負った沙羅のことも」と決意し、廉に、沙羅が28歳の誕生日で死ぬという運命を告白する。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ