>  >  > 小野大輔&坂本真綾、吹き替えで夫婦役に

小野大輔&坂本真綾、夫婦役で映画『Merry Christmas!』日本語吹替版キャストに決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月30日公開の映画『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』の日本語吹替版キャストとして、小野大輔と坂本真綾が出演することが決まった。

 本作は、1843年に出版され、これまでに幾度も映像化、舞台化された英文学の傑作『クリスマス・キャロル』が生まれる過程を描いたファンタジー。物語がいかにして誕生したのか、その創作過程とディケンズの心の旅を、お馴染みのキャラクター・スクルージとの出会いを交えながら、ユニークかつファンタジーたっぷりに描く。

 新作の執筆に挑む若き日のチャールズ・ディケンズを演じるのは、ディズニー映画『美女と野獣』で脚光を浴び、ドラマ『ダウントン・アビー』『レギオン』などに出演するダン・スティーヴンス。彼の前に分身のように現われてインスピレーションを与えるスクルージを、『人生はビギナーズ』のオスカー俳優、クリストファー・プラマーが造形した。息子の名声に頼ってばかりいるが、どこか憎めないチャールズの父を『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでもおなじみのジョナサン・プライスが演じている。

 先日、市村正親が日本語吹替版でスクルージ役を務めることが発表されたが、今回さらに主人公チャールズ・ディケンズ役を小野大輔が、チャールズの妻・ケイト役を坂本真綾が演じることが明かされた。TV シリーズ『glee/グリー』の吹替版で恋人役を演じた経験のある2人だが、夫婦役を演じるのは今回が初めてとなる。

 さらにディケンズの父ジョン役の声は、これまでトム・ハンクスをはじめ、ロビン・ウィリアムズやエディ・マーフィといった大物俳優の声をあててきたベテラン声優・江原正士が担当する。

小野大輔 コメント

不朽の名作クリスマス・キャロル。はいかにして世に生みだされたのか。ディケンズを演
じてみて、その過酷な運命と、そこに立ち向かう圧倒的な熱量に心を揺り動かされま
した。日本語吹き替えになることで、より多くの人々に作品の温かさ、優しさ、クリス
マスの精神が伝われば嬉しく思います。観てくれた方々に神のお恵みがありますよう
に。

坂本真綾 コメント

ディケンズの『クリスマス・キャロル』は今まで映画や舞台で何度も見たことがありま
す。でもこの『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』は、今まで見たこ
とがない視点で描かれていてとても新鮮でした。実はアフレコは真夏に行われたので
すが、映画のおかげで、なんだか今年はすごくいいクリスマスが迎えられそうな気がし
て、待ち遠しくなりました。

■公開情報
『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』
11月30日(金)、新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:バハラット・ナルルーリ
出演:ダン・ティーヴンス 、クリストファー・プラマー、ジョナサン・プライス
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
2017年/アメリカ/104分/カラー/2.35:1/原題:The Man Who Invented Christmas
(c)BAH HUMBUG FILMS INC & PARRALLEL FILMS (TMWIC) LTD 2017
公式サイト:https://merrychristmas-movie.jp/

「小野大輔&坂本真綾、夫婦役で映画『Merry Christmas!』日本語吹替版キャストに決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版