窪田正孝扮する翔ちゃんの“ヒモ名言”続々 『ヒモメン』最終話未公開シーン含む特別動画公開

  9月8日に最終回を迎える窪田正孝主演ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)より、4つの特別動画がドラマ公式サイトYouTube「テレ朝チャンネル」にて公開された。

 本作は、鴻池剛の『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』を実写化した社会派コメディ。“楽に生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くすヒモ男“翔ちゃん”こと碑文谷翔(窪田正孝)と、彼を更生させたい恋人の看護師・春日ゆり子(川口春奈)の同棲生活を描く。

 今回公開された特別動画は、視聴者からの反響が大きかったシーンを集めた『ヒモ名言集』『ゆり子の暴言・暴力集』『池目劇場』『翔ちゃん・ゆり子のラブラブシーン』の4タイトル。また、今回の4タイトルでは、9月8日放送の最終話未公開シーンの一部も見ることができる。

 『ヒモ名言集』は、第1話放送中、SNSで視聴者から総ツッコミが入った、翔ちゃんが「無職の前では無力です」と語るシーンで幕を開け、「今は無職。前職も無職」「ゆり子のそばで楽がしたいんです」「今の文明社会があるのは全部俺みたいな人間のおかげなんだよ」など、ヒモ男・翔ちゃんならではの台詞が詰め込まれている。

 『ゆり子の暴言・暴力集』は、第1話から、翔ちゃんを両手逆壁ドンで逃げ道をふさぎ「完全にお前じゃん!」とブチ切れるゆり子の姿や、「お前が悪いんだよ!」「あの野郎…!」など、ゆり子の可愛い見た目からは想像がつかない暴言につぐ暴言が詰まっている。後半では、数々の迫力あるビンタシーンやパンチシーンが確認できる。

 『池目劇場』では、勝地涼演じる強烈キャラクター・池目先生のクセのある演技や渾身の顔芸が。「俺がヒモに負けるなんてあり得ないんだよぉぉお!!」「僕じゃダメな理由を述べられるのか?」「恋のレースいただきだぜ!」など、池目先生ならではの台詞もあり、一度見たら真似したくなるような、コメディセンス抜群の勝地の演技を楽しめる。

 『翔ちゃん・ゆり子のラブラブシーン』では、翔ちゃんがゆり子を後ろから抱きしめる場面に始まり、喧嘩後の仲直りシーンやバカップルらしくイチャイチャする姿など、可愛らしい2人の姿を見ることができる。

 9月8日放送の最終話では、医師・池目先生とゆり子の衝撃的な場面に遭遇したヒモ男・翔が、状況を整理できないままでいた。一方、ゆり子は、片瀬那奈演じる姉・桜子から「今すぐ結婚しなさい」と電話で命じられる。かねてから、ゆり子の花嫁姿を見たいと言っていた父(おかやまはじめ)が末期がんだという知らせが入ったのだ。

  翔を認めない桜子が、妹の結婚相手として指定したのは、ゆり子の幼なじみの“タッちゃん”こと、松平鷹彦(渡辺大)。鷹彦は元医師で、現在は厚生労働省勤務。しかも高身長&イケメンという“ミスターパーフェクト”であり、海外任務から帰国したばかりだった。そしてついにゆり子は結婚を選択することとなる。ゆり子を巡る3人の男の戦い、そして楽して生きたいヒモ男・翔VSヒモを更生させたい彼女・ゆり子の戦いの結末が描かれる。

■放送情報
『ヒモメン』
テレビ朝日系にて、毎週土曜23:15~深夜0:05放送
出演:窪田正孝、川口春奈、勝地涼、佐藤仁美、YOU、金田明夫、岡田結実、片瀬那奈
ゼネラルプロデューサー:横地郁英
プロデューサー:秋山貴人・河野美里
原作:鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』(MFコミックス フラッパーシリーズ/KADOKAWA刊)
脚本:森ハヤシほか
音楽:井筒昭雄
演出:片山修ほか
制作:テレビ朝日
制作協力:ホリプロ
(c)テレビ朝日
公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/himomen/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ