>  >  > 『万引き家族』撮影×照明コンビに注目

是枝裕和監督も称賛 『万引き家族』撮影・近藤龍人×照明・藤井勇の是枝組初参加コンビに注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月8日に公開される是枝裕和監督最新作『万引き家族』。今回是枝監督と初タッグを組んだ撮影監督の近藤龍人と照明の藤井勇についてのエピソードが明らかになった。

 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、最高賞のパルムドールをを受賞した本作は、是枝監督自身が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る、“家族を超えた絆”を描いた物語。

 今回是枝組では、撮影監督に近藤、照明に藤井と、新たな撮影・照明チームを迎えて制作に取り掛かった。近藤と藤井は、『桐島、部活やめるってよ』や『そこのみにて光輝く』などの作品を担当してきた、是枝監督が「日本で今一番乗っている」と称える撮影・照明チームだ。是枝監督はずいぶん前から一緒に仕事がしたかったという気持ちがありながらも、なかなかタイミングが合わなかったそうで、今回ようやく念願が叶って実現した。

 打ち合わせの段階で近藤は「リアリズムに寄りすぎず、日常から少し浮いた、寓話性みたいなものが撮影に乗っかるほうがいいんじゃないか?」と是枝監督に提案したという。それを受けて藤井も、ライティングを青や赤といったひとつひとつの色が寓話的に見える方向へ寄せていき、是枝監督も納得の映像に仕上がったそうだ。

 また、当初は自ら書いた画コンテを基に撮影を進めていくはずだったという是枝監督だが、撮影を数シーン終えたところで、「リハーサルをして、役者が動くのを見ていたら、近藤さんが僕の画コンテとは違う場所で見ていたんです。それで近藤さんのところへ行くと、ああ、このポジションのほうが確かにいいなと。そういうことが何度かくり返されたので、基本的に近藤さんにお任せすることにしました。画コンテは鼻紙にしてくださいって言って(笑)」と、考えを改めたことを明かしている。

近藤龍人

■公開情報
『万引き家族』
6月8日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美、柄本明、高良健吾、池脇千鶴、樹木希林
配給:ギャガ
(c)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
公式サイト:gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

「是枝裕和監督も称賛 『万引き家族』撮影・近藤龍人×照明・藤井勇の是枝組初参加コンビに注目」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版