>  >  > 永野芽郁、『半分、青い。』で大ブレイクへ

永野芽郁、朝ドラ『半分、青い。』で大ブレイクへ 周囲を笑顔にさせる唯一無二の魅力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1週間に6話、約半年間にわたる朝ドラは、撮影も連日行われることから、他の民放ドラマなどに比べてかなりハードだという声が挙がることが多い。しかし、永野は昨年末からスタートした撮影に対し、音を上げるどころか、むしろ「今は撮影が楽しい」と語っていた。鈴愛が青春時代を送るバブルの象徴である“肩パッド”に対し、「意味分からないですよね(笑)」と素直な感想を語るなど、囲み取材中も終始記者たちを和ませ続けた永野。思わず周囲を笑顔にさせてしまうその空気感は、天性の朝ドラヒロインの資質と言ってもいいだろう。佐藤は本作を経て「永野さんは大スターになる」と語っていたが、その言葉通り、楡野鈴愛は国民全員から愛されるキャラクターとなりそうだ。

(取材・文=石井達也)

■放送情報
NHK連続テレビ小説『半分、青い。』
平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>
作:北川悦吏子
出演:永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一/佐藤健、原田知世、谷原章介/余貴美子、風吹ジュン、中村雅俊/豊川悦司、井川遥、清野菜名、志尊淳、中村倫也、古畑星夏
制作統括:勝田夏子
プロデューサー:松園武大
演出:田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗ほか

      

「永野芽郁、朝ドラ『半分、青い。』で大ブレイクへ 周囲を笑顔にさせる唯一無二の魅力」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版