三上博史、松嶋菜々子、滝沢秀明……夏ドラマで“90年代スター俳優”がリバイバルした背景

 夏ドラマで再び一線へと舞い戻った俳優たちに共通しているのは、90年代以降もさまざまなシーンで独自のキャリアを積んできたことが挙げられる。たとえば松嶋の『家政婦のミタ』も、年齢を隠さないメイクで新境地を切り開いたドラマであり、彼女にとっては従来とは異なるシーンでの活躍だったといえる。90年代当時は青春スターとして活躍していた彼・彼女らにとって、現在は俳優として円熟期を迎える時期なのだ。そして、テレビドラマ全盛期を知りつつ、さまざまなシーンで幅広い経験を積んできたからこそ成し得る芝居こそが、いまの制作陣には求められているのかもしれない。彼らを中心に据えることではじめて成立するドラマは、物語としても新鮮なものになるのではないか。朝ドラなどで新世代の俳優が続々と発掘されるなか、負けじとテレビドラマ界の一線に舞い戻ってきたベテラン勢たちを、視聴者たちはどう受け止めるのだろう。

(文=本 手)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる