『シティーハンター』の魅力は「もっこり」だけじゃない? 正統派ハードボイルドの“神回”を検証

 1985年から1991年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された北条司原作の漫画、『シティーハンター』。美人の依頼しか受けない超一流のスイーパー(掃除屋)冴羽獠が、ユーモアを交えつつ闇の仕事をこなしていくアクション作品だ。そんな『シティーハンター』はTVアニメで4度シリーズ放送され、映画もアニメ、実写を含めて複数回上映。1993年の実写映画では、ジャッキー・チェンが主人公を演じている。その人気は現在でも根強いものがあり、2019年には『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が公開され、多くの人が映画館に足を運んだ。

 『シティーハンター』の人気を不動のものにしているのが、高いストーリー性だ。そこで今回は作品の中でも特に人気が高く、神回とされるエピソードを検証したい。

槇村の死

 新宿駅の掲示板に「XYZ シルキイクラブで待つ」という依頼を見た槇村。その日は妹・香の20歳の誕生日で、槇村は冴羽獠に香が本当の妹じゃないこと、20日の誕生日に香の母の形見である指輪を「真実とともに渡すつもりだ」と話す。

 槇村がシルキィクラブに行ってみると、依頼主は死の麻薬組織ユニオンテオーペ。暴力組織のドンを殺し、関東進出を手助けしろという依頼だった。この依頼を聞いた槇村は「悪魔に命を売る気はない。悪魔はドブネズミに劣る」と吐き捨て、拒否した。

 その帰り道、槇村の前にユニオンテオーペの悪魔の薬・エンジェル・ダストを投与された男が現れる。槇村は男に瀕死の重傷を負わされ、雨の中、気力を振り絞って獠のマンションにたどり着く。そこで待っていた獠にもたれ掛かり、「エンジェル・ダスト。これは死の麻薬組織、ユニオンテオーペの手口だ」と告げる。

 死を悟った獠は、「香に伝えることは?」と聞く。槇村は「指輪を香に。香を頼む」と言って息を引き取る。身体を抱きかかえていた冴羽獠は「しばらくの間、地獄は寂しいだろうが、すぐに賑やかにしてやるよ。槇村」と話し、復讐を誓った。

 この後、槇村を殺めた男と、依頼主を抹殺した獠。その足で誕生パーティのため豪華な料理を用意していた香のマンションを訪れ、兄がユニオンテオーペの手先に殺されたことを告げる。そしてユニオンテオーペから巻き上げた大金を見せ「これを持ってお前は逃げなきゃいけない」「危険分子はすべて消す。それがやつらのやり方だ」と逃げるよう説得した。

 兄の死に動揺した香は涙を見せるが、「私もこの街を出ていく気はないの」「この街でやらなきゃいけないことができたから」「あんたには新しい相棒が必要でしょ」と話し逃走を拒否。ここから、2人のパートナー関係が始まることになった。

 単行本1巻で姿を消した槇村だが、強い正義感は読者の心に大きなインパクトを与えた。そして、香が兄を亡くした悲しみを乗り越え、強く生きようとする姿も読者の心をつかんだ。