写真家・森山大道、Sexy Zoneを撮影 『SWITCH』渋谷特集

 森山大道による撮影でSexy Zoneが表紙を飾った『SWITCH』4月号(渋谷特集)が、3月20日に発売される。

 写真界のノーベル賞とも称される「ハッセルブラッド国際写真賞」を受賞し、昨年は東京都写真美術館での写真展『森山大道の東京 ongoing』を開催し多くの話題を集めた。今号では、そんな森山大道が「SHIBUYA Labyrinth」と題し常に変わり続ける渋谷を記録する70ページの特集。迷宮のように発展していくこの街を森山大道はどう見るのか。

 2020年夏、渋谷区内で17箇所の公共トイレ設置プロジェクト「THE TOKYO TOILET」が始動。世界に誇る日本の文化施設の象徴である「トイレ」を16名もの世界的クリエイターがデザインし、現在進行形で渋谷に新たなトイレが誕生している。そのトイレの景色を森山大道が撮影した、異色のコラボレーションも実現。

 今号の表紙を飾ったアイドルグループ・Sexy Zoneの撮影場所も渋谷の新たなトイレだという。デビュー10周年を迎えたSexy Zoneの歩みに、進化し続ける渋谷を重ね、森山大道のモノクロ写真が誰も見たことのないSexy Zoneの姿を撮影。ここでしか見ることができない表紙&フォトストーリーとなっている。(スタイリング:野口強)

■書誌情報
『SWITCH Vol.39 No.4』(2021年4月号)
特集:SHIBUYA Labyrinth
発売日:2021年3月20日
価格:1,000円+税
商品ページ:http://www.switch-store.net/SHOP/SW3904.html