『美味しんぼ』海原雄山が見せた家族愛 山岡との親子関係を振り返る

 『美味しんぼ』の名物といえば、海原雄山と山岡士郎の親子対決だ。2人は母親の死をきっかけに親子の縁を切り、山岡が雄山を激しく憎むことになる。しかし作品中期頃から、雄山は山岡や妻に深い愛情を持って接してきたことが発覚する。今回はそんな雄山の家族愛について検証したい。

危篤の山岡の病室を訪れる

 山岡士郎がサルモネラ菌による食中毒で東都大学病院に入院し、意識が戻らずかなり重篤な状態になっていることをオチヨから告げられ、面会するよう促された雄山は「一旦縁を切った人間が死のうと生きようと私にはなんの関心もない」と突っぱねてしまう。

 そんな雄山だったが翌日、山岡が入院する東都大学病院長の竹本教授が美食倶楽部の入会を希望しているとして、病院へ行く。そして竹本教授と話したあと、「お宅の病院の入院施設は整っているのかな?」「自分で見ないと信用できませんな」と話し、病院内を歩き始める。

 そして竹本教授が「そちらは症状の重い患者の病室なのでご遠慮を」と静止するのを無視して、山岡の病室へと向かう。お見舞いに来ていた近城カメラマン、二木まり子、三谷典子は「まあ、海原雄山が」「心配してきたのね」と喜び、看病する栗田とオチヨも嬉しそうに「さあ入ってください」と病室に入るよう促した。

『美味しんぼ』(43巻)

 すると雄山は「私は病室の見学に来たのだ。縁もゆかりもない人間の病室を覗く趣味はない」と言って、去って行ってしまった。これには栗田も「こんなときにまで親子で強情張り合わなくたって…」と嘆き、中川夫妻も肩を落としてしまう。

 その後山岡は栗田の看病もあり、奇跡的に回復。オチヨは美食倶楽部で雄山に食事を出す際「先生にお見舞いに来ていただいて嬉しゅうございます」と礼を述べる。雄山は「見舞いに行った覚えはない。たまたま病室の前を通っただけだ」とうそぶいた(43巻)

 偶然を装った雄山だが、息子である山岡の容態が気になり病室に向かったことは明白。心の奥底に流れる親子愛を明確に見せた瞬間だった。

妻の命日に1人で墓参り

 ある日、中川が雄山に「お車の準備ができました」と声をかける。「うむ」と答えた雄山は、お付きの者を付けず、1人で車に乗り込み、ある場所へと向かう。

 そんな様子に中川は「先生はこの日だけは1人で行かれる。われわれもお供を許さないんだからな」とつぶやく。妻のオチヨも「他の人間に邪魔されたくないのよ。こんなことを知らないで士郎様は先生のことを……」と浮かない表情。

 雄山が向かったのは、亡き妻の墓。この日は妻の命日だったのだ。そして墓にはすでに線香と花が備えられており、「誰が来たのだ…」と疑問視しながら墓石に水をかけ、手を合わせる。

すると栗田が登場し、「出過ぎた真似でおしかりを受けるかもしれませんが、結婚するのでお母様にご挨拶するのも当然だと思いまして」と声をかけた。その後、山岡は栗田から雄山が命日に墓参りをしていることを告げられ、ショックを受ける。自身は「命日とかなんとかくだらないこと」と、うそぶき、何もしていなかった。(47巻)

 命日に必ず1人で墓参りに行く雄山と、何もしない山岡。雄山が妻を強く愛していたことを伺わせるエピソードだ。