『キノの旅』時雨沢恵×黒星紅白コンビの新シリーズに注目! 『レイの世界』がもたらす驚きの体験とは?

『キノの旅-the Beautiful World-』

 『キノの旅-the Beautiful World-』で20年にわたりコンビを組んできた、ライトノベル作家の時雨沢恵一とイラストレーターの黒星紅白が、新しく始めたシリーズが『レイの世界 -Re:I-1 Another World Tour』(IIV)だ。歌手と女優を目指すユキノ・レイが、舞い込む仕事を次々にこなしていく様を描いた芸能界サクセスストーリーかと思いきや、『キノの旅』シリーズにも似た奇妙な場所が登場して、驚きの体験をもたらしてくれる。

 「IIV」という版元は、ドワンゴとKADOKAWAが出資するコンテンツプロデュース会社で、統括プロデューサーに電撃文庫で編集長を務め、時雨沢恵一や『デュラララ!!』の成田良悟を送り出した鈴木一智が就いている。成田にドラマの脚本を書かせたり、バーチャルYouTuberを送り出したりする中で、小説や漫画の展開もスタートさせた。

 『レイの世界』もそのひとつとして、電子書籍として先行配信してきた。刊行された『レイの世界 -Re:I-1 Another World Tour』には、この6編が収録されている。

 まずは第一話「初仕事の思い出」―Memories Lost―。ユキノ・レイは15歳の女子高生、都会の片隅にある有栖川芸能事務所に所属していて、急遽決まった町の音楽イベントで栄えあるデビューを飾る。まったくの無名であるにも関わらず、用意してきた5曲を歌い終えてもアンコールが止まず、そのままステージで歌い続けるレイを、観客の興奮と歓声が包み込む。後に世界を感動させる歌手、ユキノ・レイがここから始まった……ということにはならず、続く第二話「歌合戦、出場!」―MAD―でもレイは、歌番組やライブ会場ではない場所で仕事をこなす。おまけに、観客が特別だったこともあって、歌えば歌うほど聴衆が苦しみ悶える事態となる。

 「歌の仕事ができたのはいいですけど、観客の半分しか喜ばせることができなくて!」。そう残念がるレイに、もしも普通のミュージックフェスに出たら、それ以下の観客しか喜ばせられなかったと事務所の社長が返すやりとりだけを聞けば、ある種の試練のようなものを経て、レイが成長していくストーリーにも思えるだろう。

 そんな試練の度合いは、第四話「ロウソクは消えない」―Murder Case!?―でぐっと増す。オスカーを2度も獲得した巨匠監督に映画女優として大抜擢されるものの、その役は冒頭で毒を飲んで死ぬというもの。それも演技ではなく本当に。レイが死んで話は終わりになっちゃうの? そうではない。続く第五話でも第六話でも、レイは歌手として10万人を相手に100曲以上を歌い、舞台の上で同じ演技を66回繰り返す。もちろん生きたまま。

 ユキノ・レイには秘密があった。彼女がマネージャーの因幡と訪れる世界も普通ではなかった。それがこの、『レイの世界 ―Re:I― Another World Tour』に仕込まれた驚きの設定だ。