『ゆびさきと恋々』はなぜ共感を呼ぶのか? “手話”で描き出す繊細なラブストーリーの魅力

 世界を見つめる解像度を上げてくれる作品と出合った。それが、森下suuの『ゆびさきと恋々』を読んで一番に浮かんだ感想だった。

 マキロ氏が原作を、なちやん氏が作画を担当する二人組ユニット・森下suu。『ゆびさきと恋々』は、これまで「マーガレット」(集英社)にて『日々蝶々』『ショートショートケーキ』と代表作を残した森下suuの「デザート」(講談社)初連載作品だ。

 本作は、聴覚障がいのある(ろう者)女の子・雪が主人公だ。物語は、電車内で外国人に道案内を頼まれ、困っていた雪を同じ大学の逸臣(いつおみ)が助ける場面から始まる。再会した雪と逸臣は、少しずつ距離を縮めていくが——。“手話”を言語として落とし込みながら、ふたりの静かであたたかなラブストーリーを描いている。

 筆者のまわりには、聴覚障がいを持つ人はいない。存在は知っていたけれど、どこかで自分からは遠い存在だと思っていたのが正直なところだ。なのに、読了後、なぜ“日常の解像度を上げてくれる作品”だと感じたのか。それは、“ろう者の物語”ではなく、“ひとりの女の子の物語”が本作で描かれているからだ。

 “障がい”や“病気”をテーマに扱った作品は、漫画に限らず、多く世に生まれている。なかには“障がい”や“病気”について触れることで、気づきや、多様性を重んじようという教訓を与えてくれる作品もある。もちろん、そういった切り口の作品も必要だ。

 だが一方で、障がいを持つ人を“特別な人”として扱う描写は、ときに隔たりを生む。ラベリングをすることで「わたしとあなた(障がいを持つ人など)はちがう」と線引きすることになりかねないと感じている。

 『ゆびさきと恋々』の秀逸さは、雪というひとりの人間の機微が丁寧に描かれていることだと思う。手話で会話をしたり、洋服が好きだったり、逸臣に恋心を抱いたり……。雪は、“ろう者”という一面もあれば、“恋する女の子”という一面もある。

 雪のなかにある、さまざまな“顔”や繊細な心の動きが、本作ではしっかりと描かれてる。だからこそ読者が共感したり、応援したくなったりするのだと思った。いつの間にか筆者も、“遠い存在”から、まるで友人の恋愛模様を見ているかのように感じていた。