松重豊、初書籍『空洞のなかみ』出版記念イベント開催へ コロナ禍の執筆活動について語る

 『孤独のグルメ』『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』『きょうの猫村さん』などで知られる俳優・松重豊の初書籍となる小説&エッセイ集『空洞のなかみ』の出版を記念して、発売日と同じ10月24日にオンライントークイベントが開催される。イベントでは初の著書誕生のきっかけ、コロナ禍で行われた執筆活動についてなど、松重豊本人が語る予定だ。

 書き下ろしとなる連作短編小説「愚者譫言(ぐしゃのうわごと)」と週刊誌『サンデー毎日』での連載エッセイ「演者戯言(えんじゃのざれごと)」の2種を収録した本書では、「演者」である松重豊だからこそ描くことができた心象風景を、軽妙洒脱な筆致で表現。 

 『サンデー毎日』連載時から人気を呼んだ旭川在住のイラストレーター、あべみちこによる食べ物のイラストがエッセイに彩りを添えている。装丁は著者の熱烈なラブコールにより、菊地信義が担当した。

■イベントタイトル
松重豊「『空っぽな自分』になった理由(わけ)」『空洞のなかみ』(毎日新聞出版)刊行記念
開催日時:10月24日 19:00~20:00
出演:松重豊
イベント詳細
本屋 B&Bイベントページ
http://bookandbeer.com/event/20201024_kuudou/
※10/6 17:00ページアップ予定
料金
〈配信参加〉1,500円(税別)
〈配信参加+書籍〉1,500円+『空洞のなかみ』1,500円(ともに税別)
※先着100名様にサイン本をご用意しています

■書籍概要
『空洞のなかみ』
著者:松重豊
出版社:毎日新聞出版
発売日:10月24日
定価:本体1,500円(税別)

■スペシャルコラボムービー
松重豊自身のプロデュースによる、各短編毎11人のミュージシャンと共に送る、読み聴かせ朗読ムービーをYouTubeにて公開中。第一回は向井秀徳。
松重豊公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCxcBWC7P7Smralh_8ETtnpQ