JO1 大平祥生&白岩瑠姫、温かい空気流れる2人の関係性 癒しを生み出す“るきしょせ”コンビ

JO1『CHALLENGER』(通常盤)

  2021年4月13日に21歳の誕生日を迎えた大平祥生。SNS上でもたくさんのJAMが、「#HappyShoseiDay」のハッシュタグと共にお祝いコメントを届けた。また、メンバーの白岩瑠姫も公式Twitter上で大平へのメッセージを投稿し、大きな話題に。JO1のケミ(相性の良いコンビ)の中でも人気の高い“るきしょせ”は、一体どのような関係性なのだろうか。本稿では、2人の魅力について執筆していきたい。

 まず、2人が醸し出す穏やかさや温かい空気感。“プリンス兄弟”と称されるほど、2人とも気品があり“王子感”が漂っているにも関わらず、白岩が投稿した“るきしょせ”ツーショット写真は、自然体の笑顔で親しみやすさも感じられる。「今日からはもっと良い思い出作っていこうぜー 幸せな年にする!」というコメントも白岩のお兄ちゃん感があって良い。また、JAMから自分たちが“るきしょせ”と呼ばれていることを把握して、「#るきしょせ」のハッシュタグをつけて投稿してくれたこともJAMにとっては嬉しいポイントだったのではないだろうか。白岩の優しさが溢れる投稿とツーショット写真にとても癒された。「探してみたら意外とツーショットいっぱいあったよ」とのことだったが、「本当は探さなくてもたくさんあったんでしょ!?」と、思わず言いたくなるほど、普段から仲良しなのが伝わってくる。

 また、メンバー全員で大平をサプライズで祝う動画の中でも“るきしょせ”が爆発していた。木全翔也がケーキを持ってきて全員で「ハッピーバースデー」を歌い始めると、白岩に向かって「なんだよ〜(笑)」と嬉しそうに詰め寄る大平。「さっきミーティングで瑠姫くんに『今日サプライズあるんですか?』って聞いたら『ない』ってはっきり言ったんですよ!」と話す大平に、「『ある』って言ったらサプライズじゃないから(笑)」と、しっかりと正論で返す白岩。ミーティング中に、「サプライズあるんですか?」と、恐らくそわそわしながら白岩に聞いたであろう大平。2人の様子を想像するととても可愛らしい。やっぱり2人の間には、優しくて温かい空気が流れている。