JO1、「Born To Be Wild」はどんな楽曲に? MVのストーリー性にも集まる注目

 4月28日にJO1が3rdシングル『CHALLENGER』を発売する。発売に先駆け、「Born To Be Wild」のティザー映像が公開されたが、2本ともすでに30万回以上再生されており、多くの注目を集めている。本稿では期待が高まる同曲の注目ポイントについて執筆したい。

JO1『CHALLENGER』(通常盤)

  デビュー曲「無限大(INFINITY)」は、「俺たちを見て!」と言わんばかりの力強いダンスと歌詞が印象的だった。「OH-EH-OH」はPENTAGONのフイが作詞作曲に参加し、「無限大(INFINITY)」とはまた違う疾走感あふれる1曲となった。1stアルバムのリード曲「Shine A Light」は、爽やかでキラキラした楽曲。〈もっと輝く君を照らすよ〉と歌いかけるJO1の姿に見ているこちらまで思わず笑顔になれる、幸福感溢れる1曲だ。そして、「Born To Be Wild」。まだティザーしか公開されていないため全貌はわからないが、筆者が最初に感じたのは、“2年目の余裕”。80年代の海外ポップスを思わせるダンスナンバーは、「俺たちを見て!」とアピールしていた「無限大(INFINITY)」とは違い、「僕たちと一緒に踊ろうよ」とJAMを軽やかに誘っているかのようだ。前回のデビュー1年間をまとめたコラムでも書いたように、コロナ禍でさまざまな活動にストップがかかり、JO1のデビューイヤーは決して順風満帆とはいかなかったかもしれない。しかしその1年を乗り越えたからこその余裕だったり、新しいジャンルに挑戦していこうという、まさにシングルのタイトル通り“チャレンジャー”精神が垣間見える楽曲に感じた。

JO1|‘Born To Be Wild’ Official MV Teaser #2

 また、ストーリー性のあるMVにも注目したい。最初に公開されたティザーは19秒、2本目は26秒だったが、その短い間にも気になるシーンが凝縮されていた。豆原一成が覗く万華鏡の中にいるのは、川尻蓮、木全翔也、大平祥生。金城碧海が眺める展示ケースには佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩が飾られている。多数の虫眼鏡に囲まれている川西拓実に、部屋でひとりぼっちでいる與那城奨。そして、(まだ公式発表はされていないが)今作でセンターを務めるのでは? と噂されている河野純喜は、MVでも重要な役割を担っていそうだ。SNS上でも、JAMたちがさまざまな考察を繰り広げているが、一体どんなMVになっているのだろうか。