ソニーミュージック初の男性ヴォーカリスト・オーディション
視聴者もアーティストも感情移入する、その全貌を徹底追跡

 ソニーミュージックが昨年発足した新たなオーディションブランド『ONE in a Billion(ワン・イン・ア・ビリオン)』が、第一弾オーディションとして男性ヴォーカリスト・オーディションを開催している。

 これまで久保田利伸、平井堅、清水翔太といった数々の男性ヴォーカリストを世に放ってきたソニーミュージックが初めて大々的に行う男性ヴォーカリスト・オーディションとあって昨秋の開幕時から話題となっていたが、審査の模様や候補者の人間ドラマといった舞台裏を追うYouTube番組も同時に公開。総再生時間は10万時間、視聴回数が500万回を超える人気を博し、コメント欄には視聴者からの「どんどん面白くなってる。見続けてきて良かった」、「(候補者同士が)切磋琢磨する姿にキュンとする」、「感情移入しすぎて泣く」という声が後を絶たない。

 また、番組には自らもオーディション出身のCHEMISTRYや崎山蒼志がコメントを寄せ、ライブ審査には、SPYAIRのヴォーカリスト・IKEがゲスト参加するなど、数々のアーティストがオーディションを全面サポートしていることにも注目したい。

 このページでは、制作スタッフ、参加者へのインタビューや、審査過程の密着取材をはじめ、審査からグランプリ決定までの一部始終を徹底追跡する。

YouTube