AKB48の中で“LINEテクニック”があるのは誰? 小栗有以、久保怜音、向井地美音が1位に

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の6月5日放送分にて、「LINE美人コンテスト 後半戦!」の模様がオンエアされた。

AKB48『Teacher Teacher』

 最初のテーマは、初デートのドタキャンメールへの返信。佐藤栞は「『そっか』とか重く感じちゃうタイプで。『そかそか』ならちょっと軽くなるかな」と自身のメッセージを解説し、気にしなくていいよ、とまずは伝えたかったと明かした。一方、NON STYLE・井上裕介は、女子になりきって作ったメッセージについて「彼氏だってデートしたかったんですよ」と相手を持ち上げる内容であることを説明すると、シンプルな返信の村山彩希は、「長いと鬱陶しいとか重いとか思われちゃうかな」とコメント。さらに小栗有以は「最後は寂しかったよって」と“寝る前に電話しても良いかな?”という返信に込めた思いを語った。AKBメンバーからは井上の返信が高評価を獲得。しかし、街の男性へのアンケートでは、第3位が佐藤、第2位が村山、第1位が小栗に。最下位は「文章が長い」「“100万倍”という言葉がうざい」という理由で井上だった。

 続いては、3日間既読スルーされた後に返信をもらうために送るメールに挑戦。たんぽぽ・川村エミコは「みんなは妄想だけど私は実践だから」と気合を入れ、「バタバタ田端〜?」と独特のメッセージを披露した。一方、自撮り写真を送った樋渡結依は「グイグイ積極的に行くのも良くないかな、と思ったので。遠慮したいじらしい女の子を演じて書いてみました」とコメント。続く久保怜音は「今のさと」と犬の写真を送り、吉川七瀬は「とりあえず気をひくためにチケットを用意した」と不器用なお誘いメールについて説明すると、返信がこなかったら「ブロックします」と明かした。アンケートの結果、第3位は吉川、第2位は川村、第1位は久保に。樋渡は「重い」という理由で最下位だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる