>  >  > GENERATIONS白濱、デビュー前の思いを語る

GENERATIONS 白濱亜嵐、デビュー前の思いを語る「俺らが絶対に続かなきゃ」

関連タグ
EXILE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年に、GENERATIONS結成。白濱はそのメンバーに選ばれた。バス1台で全国を巡り、ライブ三昧の日々で厳しい下積みを過ごした。「毎日、ライブ3本ずつやって、お客さんも集まらないので、みんなでビラ配って本当に無我夢中でしたね。三代目っていう大きな兄さんがいたので、プレッシャーでしたね。『俺らが絶対に続かなきゃ』というのはありました」と話す白濱。その後、2012年にGENERATIONSはメジャーデビュー。2014年に、『EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION』を経て、EXILEメンバーに選ばれた白濱は更なる高みへと歩み進んでいる。

 ほかにも、番組では自他共に認める“アンティーカー”だという白濱が、一点物の柱時計やミラーラウンドなど、アンティーク家具を購入。女心を知るために、表参道で気になっていたという『幸せのパンケーキ』に入店した。

(文=向原康太)

      

「GENERATIONS 白濱亜嵐、デビュー前の思いを語る「俺らが絶対に続かなきゃ」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版