>  >  > miwa、坂口健太郎のギター素質を語る

miwa、坂口健太郎の“ギターの適性”を語る「坂口君と手を合わせるシーンがあるんですけど…」

関連タグ
miwa
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)の1月27日放送回に、E-girls、関ジャニ∞、きゃりーぱみゅぱみゅ、倉木麻衣、The STROBOSCORP、港カヲル(グループ魂)が出演した。

関ジャニ∞「なぐりがきBEAT」では、横山裕がイントロにてソロでトランペットを奏でる。パフォーマンス前、明らかに緊張を見せる横山にタモリが「トランペット吹くんだよね。冒頭は何もなくトランペットだけだよね。すごいよなぁ」と煽り、「緊張しますからやめてください…」と横山が焦りを滲ませていた。初めてトランペットを披露したのが3年前の東京ドーム公演だと話す横山に、丸山隆平が「初めての東京ドームとは違うの?」とメンバーが質問する側になり、安田章大は「(3年前と)音が格段に違いますね」とコメントが飛んだ。

 2000年のJ-POP市場においてCDシングルを最も多く売り上げた倉木麻衣。当時高校2年生で大ブレイクした彼女は、「自分が歌手になったっていう実感が湧かなくて、ラジオで自分のデビュー曲が流れてきた時に『夢が叶ったんだ』って思ったのは今でも忘れません」と当時を振り返った。極端にメディア露出が少なかった彼女は、ヒット曲「Secret of my heart」制作時に大変な環境に置かれていた。「当時、芸能活動をしてはいけない学校だったので、歌手になるっていうのは周り(の生徒)に一切言っていなかったんですよね」と話し、顔・下の名前(マイは本名)を出しながら歌手であることを秘密にしていた。その当時の心境を歌詞にしたのが「Secret of my heart」であったという。その後“叶いそうで叶わない恋”をテーマにした「YESTERDAY LOVE」を披露した。

      

「miwa、坂口健太郎の“ギターの適性”を語る「坂口君と手を合わせるシーンがあるんですけど…」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版