欅坂46 米谷奈々未は驚異のメンタルの持ち主? オバケの急襲にも動ぜずカラオケ

 欅坂46のメンバーが、7月26日放送の『KEYABINGO!』(日本テレビ系)で、「ホラーカラオケグランプリ」を放送した。

 今回番組で放送されたのは、メンバーがカラオケをしながら様々なオバケが襲いかかるコースを進み、霊安室のお札を取るまで歌い続けるという「真夏のホラーカラオケグランプリ」企画。番組のレギュラーMC・サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしの代わりに、三四郎の小宮浩信と相田周二が進行を務めた。

 はじめの挑戦者として長濱ねるが登場し「カラオケが苦手なので心配です」と弱気のコメント。すると、スタジオで見守るメンバーからも「歌唱力はあんまりない」と断言され、笑いが起こった。長濱は、オバケに悲鳴をあげてしまい、なかなか歌うことができず、15点という結果に。すると次に登場した菅井友香は、長濱よりもオバケを怖がって歌うことができず、序盤から12点という最低得点を叩き出す。菅井が「おジャ魔女カーニバル」の歌詞で「注射のくだりは歌えた」と感想を述べると、曲を詳しく知らない小宮が、そのコメントを理解できない様子で、突然、織田奈那が「小宮ちゃんとやれよ!」とつっこみ、笑いが起こっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる