>  > AKB48・西野未姫が天龍源一郎に助言

AKB48・西野未姫、天龍源一郎の滑舌の悪さに助言 西野「私が日本語を教えに行きます」

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 番組後半では、西野未姫がボールに当たりムチャぶりを受けることに。西野はVTR中の人物が何を言っているか通訳する「ムチャぶり通訳」を強制されるが、話す人物が日本人であることを知ると「じゃあ余裕ですよ! だって私日本人ですもん!」と自信満々に意気込んだ。しかし、VTRに登場したのは滑舌の悪さで有名なプロレスラーの天龍源一郎。問題として、天龍は「安室奈美恵のアルバム NOW ON SALE」と喋るが、早口と滑舌の悪さに西野は全く聞き取ることが出来ず、「これ日本語!? 唸り声ですか?」と叫び、かろうじて「安室奈美恵」は聞き取ることができ、西野は「安室奈美恵さんは僕は好きです」と答えるも不正解。西野は天龍に向けて「私が日本語を教えに行きますので一緒に頑張りましょう!」と笑顔でコメントし、番組が終了した。

 罰ゲームに対して直向きに頑張る古畑や岩立、西野のポジティブな一面が見えた今回の放送。次回も「ムチャぶりドッジボール」がオンエアされる予定だ。

(文=向原康太)

      

「AKB48・西野未姫、天龍源一郎の滑舌の悪さに助言 西野「私が日本語を教えに行きます」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版