Sexy Zone・菊池風磨、ジャニー氏の面白エピソード語る 「『チャコの海岸物語』をずっと『チョコ』って言ってた」

 JUJUはサザンオールスターズ「いとしのエリー」をカバーし、自身の最新曲「PLAYBACK」を熱唱。「PLAYBACK」は夏にピッタリの「揺れるオンナゴコロ」を歌った楽曲で、JUJUはこれをセクシーに歌い上げた。6番手のSEKAI NO OWARIはFukaseがこの日夏うたランキングに入っていたサザンオールスターズ「真夏の果実」について「初ライブの時にカバーした曲」と思い出を語ると、Saoriは「オリジナルとカバー両方をやったけど、『「真夏の果実」は良かった』ってお客さんに言われて、頑張ろうと思った」と当時の悔しいエピソードを告白した。その後、同バンドは「スターライトパレード」と「ムーンライトステーション」を、天の川をモチーフにしたセットで歌い上げた。

 最後に登場したゆずは、この日の夏うたランキングで自身の「夏色」が1位に輝いたことを受け、北川悠仁は「路上ライブをやっていて、毎週新曲を作ってたころ、梅雨の時期に蒸し暑い実家の部屋で書いたことを覚えてる」と制作時期を明かすと、「最初はお客さんもいなかったし『まあまあ』と言われたけど、どんどん育っていった楽曲。長渕剛さんには『次は坂をゆっくり力強く登っていく曲を書きなさい』と言われました」と長渕との面白エピソードを語り、同曲と新曲「終わらない歌」を歌い上げて番組が終了した。

 豪華アーティストが夏曲をたっぷり披露した今回の放送。次回は7月10日の放送となる予定で、出演者は後日発表されるという。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる