嵐・大野智に鈴木奈々が告白!? 「嵐のメンバーの中でいちばんこの人が好き」

 岩壁を模した壁をロッククライミングの要領で登り、設置された得点ボタンを押していくクリフクライムのコーナーでは、鈴木が高所恐怖症であることを明かしたが、松本の活躍で嵐チームは321ptsを獲得。チームヒーローは井上がテコンドー経験者であることから、佐野の頭上にある板を回し蹴りで割るという技を披露したのち、ゲームに挑戦し、見事334ptsを獲得し、さらにリードした。

 フリスビーを使ったゲーム「ショットガンディスク」では、大野のパスがうまくいかず、嵐チームは150pts止まり。一方チームヒーローは「フリスビーが得意なんですよ」という永井と、「セミ穫りが得意」というつるのが特に活躍し、330ptsで差をつける。

 326pts差で迎えた最後の「コロコロバイキング」では、チームヒーローは普段、嵐に課せられているハンデをなくし、さらに50ptsのボールに関してはポイントも倍で良いというが、嵐チームはそれでも振るわず。今回の勝負は、チームヒーローの圧倒的な勝利で幕を閉じた。

 次回放送では、ゲストにV6、今田耕司、そして田村淳率いる「BABA嵐」を迎え、2時間スペシャルとなる予定だ。

(文=宮澤紀)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる