SKE48柴田阿弥、“芸能界で生きていく方法”を若手に伝授「アンチのお陰でテレビに出られた」

 番組後半では、キャンプファイヤーを囲みながらそれぞれが悩みを明かした。達家は「公演のMCで喋れない時があってどうしようかと思って」と明かすと、柴田は「入ってばかりのころは『柴田はクソつまらない』と言われていた。『アイドルは歌とダンスだけできればいい』と思う子もいるかもしれないけど、どんどん喋っていこうという気持ちがあれば大丈夫」とアドバイスを送った。また、込山は「(大和田)南那もみーおん(向井地美音)もすごいし、(谷口)めぐや(飯野)雅も入って来て『でんでんむChu!』が結成されたり…おめでとうって思うけど良いなとも思う」と、同期との格差についての悩みを打ち明けると、柴田は「私もそれで悩んでた。悔しいというよりそこにいる意味が分からなくなる。仲良くしたらライバル意識が薄くなるんじゃないかと思ってすごい尖ってた時期もあったけど、組閣して先輩が来たことで視野が広がった」と、先輩メンバーからの言葉で考え方が変わったことを明かし、続けて柴田は「私が保証するけど、腐らず真面目にやってたらファンの人はちゃんと見てくれるよ」と、込山にエールを送った。

 また、柴田はAKB48の楽曲「アンチ」について「<アンチが生まれて(きっと) スターが育つ>って歌詞が好きで、卒業公演で歌いたいくらい。握手会でも『なんでお前みたいなやつがいるの?』とか言われたし、コメントもいっぱい来たけど、そのおかげでテレビに出れたし仕事ができたから。2人にはむしろそういう人をファンにする気持ちで頑張ってほしい」と、楽曲と自身の人生をなぞらえて語った。

 番組の最後には、込山が“腹黒い”と言われることについて「ずっと悩んで泣いてたけど、中村麻里子さんから『芸能界で生きていくには、特徴を3つ出して、すぐに当てはまるような人になること。こみはるはツインテールと腹黒で結びつくようになってきてるよ?』と言ってもらえた。峯岸さんには『腹黒って言われてるメンバーは、アイドルじゃない自分を隠すために頑張ってアイドルをしているだけだから、誰よりも努力家なんだよ』って教えてもらった」と、先輩からの助言で立ち直ったことを明かし、番組が終了した。

 3人が旅を通じて、“腹黒”と呼ばれる所以や悩みを明かした今回の放送。次回はAKB48の中西智代梨、小笠原茉由、峯岸みなみによる「バラエティーの美しくなる旅」がオンエアされる予定だ。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる