AKB48が選ぶ“歌ウマ”アーティストの顔ぶれとは? 指原「同じ番組収録で聴くと、改めて痺れる」

 その後、スタジオでは土田が「『歌が上手いと思った歌手ランキング』ってちょっと失礼だよね。大したことないと思ってたけど、実際聴いたら上手かったみたいな感じになってない?」と企画自体に疑問を抱くと、指原が「同じスタジオやコンサートや番組収録で聴くと、改めて痺れるんです!」と土田の意見を否定。続いて中村麻里子が『AKB48の中で歌が上手い人ランキング』を発表。1位に山本彩、2位に渡辺麻友、3位に高橋みなみが選ばれた。なお、指原には谷真理佳が「語尾が必ず上がる」という評価で1票を入れたという。

 後半ではベスト3を発表。3位には高木由麻奈(SKE48)が「『NHK紅白歌合戦』の時にリハをしてて、本当に上手かった」と語ったEXILEがランクイン。続いて、大和田南那(AKB48)が「『ミュージックステーション』の収録で聴いて、これぞプロだなと思った」、北原里英が「生っていうのが伝わってくる、心に響く」と挙げたコブクロが選ばれた。

 そして、上西恵(NMB48)が「感動しました」、西澤瑠璃奈(NMB48)が「これって声入るの? ってくらいマイクが遠かった」と挙げた西野カナが1位に輝いた。その後、スタジオでは土田が「西野カナさんって女性ファン多いよね」と語ると、井森が「やっぱ詞がいいの?」とメンバーに質問。指原が「そう。『会いたくて会いたくて震える』って」と、峯岸が「ケータイ世代の歌詞」と答え、土田が世代の違いをやや困惑気味に表現して番組は終了した。

 AKB48のメンバーがグループ内で様々な事柄を検証して行く同番組。今後もまだ明かされていないメンバーの情報が公開される予定という。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる