AKB48渡辺麻友、告白企画に興奮 「いいねー今回も!」とクイーンの名曲を熱唱

 後半では、AKB48メンバーが一般男性に告白する企画と、カップルのキスシーンを撮影する企画『キスまでのカウントダウン』が放送された。スタジオには渡辺の姿が見当たらず、代わりに見知らぬ女性の姿が。土田はこの状況に対し「知らない子来たけど…」と不安げに語ると、指原が「“バイトAKB”の前田優子さんです」と説明。バイトルとのコラボ企画であり、一般人がアルバイトでAKB48のメンバーになれる“バイトAKB”について、土田は「何なのこのシステム」と当惑した表情を見せた。

 同企画はメンバーが同棲中のカップルの自宅に上がり、日常のやりとりを至近距離で見守りながらキスシーンを撮影するというもの。今回は橋本耀が都内某所にて22歳の女性と22歳の男性のカップル宅へ訪問した。

 部屋に入った橋本は、「私はいないものと思って、どうぞごゆっくり」とカップルに語り、2人の近くに座り込む。ベッドへ移動した2人は密着し合いながら会話したあと、女性側から突然キス。橋本は興奮した様子でキスを見守ると、そのまま男性が女性を押し倒すような形になり濃密なキスへと移った。終了後、番組スタッフから「どうだった?」と聞かれた橋本は「昼ドラでした。疲れちゃいました」と感想を述べた。この様子をスタジオで見守った島田晴香は「誰がこんな企画作ったんですか」と嬉々とした様子で感想を話した。

 番組の最後には指原が「私、ランキング付けるなら『ラビットパーティー』『キスまでのカウントダウン』『告白総選挙』の順番」と、刺激的な企画の方が好きだと語ると、土田から「ゲスだなぁお前は!」とツッコまれ、番組は終了した。

 AKB48のメンバーが一般男性に告白する企画や、キスを見届ける企画を通して、メンバーのリアルな恋愛観が披露された今回の放送。今後も様々なメンバーによる恋愛にまつわる企画が予定されている。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる