>  > ダースレイダーの『キングコング』評

キングコングの“全力大暴れ”が気持ち良い! ダースレイダーの『キングコング:髑髏島の巨神』評

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 とにかく思いっきりが良い作品です。うじうじした気持ち、もったいぶった気取り、思わせぶりな仕草などは、初っ端から全部吹き飛ばします。もうスコーンと気持ちよいくらいに吹っ飛ばしてくれます。悩みは無用! くよくよするなよ! キングコングが大暴れしてくれるぜ! 爽快な気分を体験しに行くなら、本作を劇場の大画面で、爆音で味わうに限ります。

 原題の“SKULL ISLAND=髑髏島”は、ジョーダン・ボート=ロバーツ監督が手掛けた本作の決意表明です。キングコング作品は、1933年の1作目『キング・コング』から2005年のピーター・ジャクソン監督によるリメイク『キング・コング』まで、基本のストーリーは髑髏島でのキングコング捕獲を巡る活劇と、キングコングが大都会・ニューヨークに連れて行かれて大暴れの2段階構成です。前段でコングの怖さ、強さをアピールして、後段ではその悲劇ーー文明社会への批判だったり、自然と人間の関係性の悲哀が描かれていきます。

 ところが本作では、思い切ってこの前段だけで1本の作品にしています。後段はたしかに話を展開させる要素は多くあるのですが、冒険活劇としての面白さは圧倒的に前段に詰め込まれています。なので、後段でどうしてもトーンダウンしてしまう。というか、キングコングの物語自体が「知られている」話であるため、予定調和に感じられる可能性もあったと思います。もちろん、「そこをどう語るのかが腕の見せどころ!」という考え方もあるのですが、これに関してはピーター・ジャクソン監督がすでに3時間の長尺作品にしています。同作では、前段の冒険活劇も余すところなく描いた上で(あの谷底の虫たちのおぞましさ!)、後段のドラマもたっぷり丁寧に語り尽しています。実際、この作品があるにも関わらず、もう1回やる意味があるのか?と予告を観た時は素直に感じたものです。もうキングコングは当分お腹いっぱい、のはずでした。

20170401-KONG-sub4.jpeg

 

 そんな満腹のお腹に、もう一発コングをぶち込む秘策こそが、ロバーツ監督の“思いっきりの良さ”でした。本作は始まるとすぐにコングがその雄姿を現します。調査隊が髑髏島に上陸するやいなや、コングとの激闘が火花を散らします。どれくらい火花を散らすかと言えば、もういきなり『地獄の黙示録』が始まるわけです。本作の時代設定はベトナム戦争終結直後。冒頭から70年代のご機嫌なサイケロックが爆音で鳴り響き、気持ちを煽りに煽り、調査隊を護衛する米軍のヘリが次々とコングに挑みます。31.6メートルの巨大なコングと対峙する米軍ヘリ部隊。キングコングの全力大暴れが画面から突き出る勢いで炸裂し、出し惜しみは一切ありません。

 このシーンが頭にある事で、この作品は強烈なジェットコースター・エンターテイメントだとわかります。そして、この後もほぼ途切れることなくアクションがこれでもか!とつるべ打ちになります。サミュエル・L・ジャクソンが十八番の狂気を存分に滲ませた軍人役、トム・ヒドルストンがクールなサバイバルの達人、ブリー・ラーソンが血気盛んな戦場カメラマンとして登場しますが、湿っぽい人間ドラマは極力排除されています。

      

「キングコングの“全力大暴れ”が気持ち良い! ダースレイダーの『キングコング:髑髏島の巨神』評」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版