>  >  > 『SING/シング』吹替版に長澤まさみら

長澤まさみ、スキマスイッチ大橋卓弥、大地真央ら、『SING/シング』日本語吹替版キャストに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントが贈る新作アニメーション映画『SING/シング』の第2弾吹替版キャストとして、長澤まさみ、スキマスイッチの大橋卓弥、トレンディエンジェルの斎藤司、大地真央らの参加が発表された。

20170130-SING-main.jpg

 

 本作は、動物だけが暮らす世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンが、名劇場と呼ばれた頃の栄光を取り戻すため世界最高の歌を求め、一世一代のオーディションを開催する模様を描いたミュージック・エンターテインメント。字幕版では、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリー、ジェニファー・ハドソンらが、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガなどの楽曲を約60曲歌い上げている。日本語吹替版では、字幕版でマコノヒーが演じている主人公コアラのバスター・ムーンをウッチャンナンチャンの内村光良が務めるほか、音楽プロデューサーの蔦谷好位置、日本語歌詞監修のいしわたり淳治、演出の三間雅文が参加している。

 このたび発表されたのは、主人公バスター・ムーン役の内村に続く、第2弾吹替版キャスト。字幕版ではスカーレット・ヨハンソンが演じる、ロックミュージシャンのヤマアラシのアッシュ役にはハリウッド映画の声優初挑戦となる長澤まさみ、ダンスと歌の名手ブタのグンターには、トレンディエンジェルの斎藤司、バラ―ドを歌ったら右に出るものはいないゴリラのジョニー役には、スキマスイッチの大橋卓弥、かつての栄光の時代に人気を博した歌姫のナナ役には、女優の大地真央が名を連ねた。

 さらに、声優界からもキャストが集結。山寺宏一は、欲張りで自己中心的なジャズ・ミュージシャンのネズミのマイク役、坂本真綾は、家事と25匹の子ブタたちの世話に追われる専業主婦のブタのロジータ役、田中真弓は、内村光良演じる劇場支配人バスター・ムーンの秘書であるトカゲのミス・クローリー役、宮野真守は、バスターの大親友であり、アドバイザーのような存在であるヒツジのエディ役、水樹奈々は、アッシュと同じヤマアラシのベティ役、谷山紀章は、長澤演じるアッシュの相方であるヤマアラシのランス役の声を演じるそれぞれ演じる。

『SING/シング』 アッシュ、彼氏の浮気を目撃!!(吹替キャスト:長澤×水樹×谷山)
『SING/シング』 バスターがお金の相談!(吹替キャスト:内村×宮野×大地)

 あわせて、2種類の吹替版本編抜粋映像が公開されている。

日本語吹替版キャスト コメント一覧

内村光良【バスター・ムーン役/マシュー・マコノヒー】

最初にお話が来た時は、とにかく驚きました。元々マシュー・マコノヒーさんが好きで、彼と同じ役をやると思うと緊張します。収録ブースにこもって映像を観ながら気持ちを込めて声を吹き込む難しさを痛感しました。僕の演じたバスター・ムーンは、とてもポジティブなコアラで、とにかく早口でよく喋るので、演じる時のテンションの高さには気を付けました。いろんな出来事が起こるんですが、「どん底まで落ちたら、後は這い上がるしかないじゃん!」というポジティブさが仲間を引き付けていく、吸引力を持っているキャラクターです。とにかく楽観的で、なんとかなるさ! という気持ちが根底にある部分は自分と共通する点です。『SING/シング』の全編に流れる音楽は、フランク・シナトラやレディー・ガガなど、大人も子供も、幅広い世代で知っている曲ばかり。音楽にのってワクワクしながら見入ってしまいます!
僕も少しだけ歌います。全国で流れると思うと、とっても恥ずかしいですが(笑)。原石が光り輝く時、夢にむかって立ち上がる姿に共感し、ひとつになっていく素晴らしさを体感できる、胸が熱くなる映画です。ぜひ大スクリーンでご覧ください! 

長澤まさみ【アッシュ役/スカーレット・ヨハンソン】

20170130-SING-nagasawa.jpeg

 

この映画は、世代を超えて名曲やヒットソングが沢山盛り込まれているので、世代を超えて楽しめるところが魅力の一つです。アッシュ自身が自分の殻を破って曲を作り上げるという内容になっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました。沢山のキャラクターの想いがつまっていて、そして一生懸命前に突き進んでいく姿を、沢山の楽曲とともに笑いながら楽しんでもらえたらと思います。

大橋卓弥(スキマスイッチ)【ジョニー役/タロン・エガートン】

20170130-SING-ohashi.jpeg

 

音楽は必ず、みんなで楽しめる、そして共感できるものだと思います。曲数の多さが『SING/シング』に関しては凄いですし、しかも大ヒット曲ばかりなので、普通のお芝居もあり、音楽もあり、二方面で楽しめる作品だと思います
初挑戦ですが、楽しみながらジョニーという役をやらせて頂きました。ジョニーももちろん注目して頂きたいのですが、すべてのキャラクターが、一人一人個性的で、歌も楽しむポイントとなっている映画なので、映画館で手拍子をする瞬間があってもいいんじゃないかな、と思うほど、盛り上がれる映画になっています。是非みなさん劇場でご覧ください。

斎藤司(トレンディエンジェル)【グンター役/ニック・クロール】

20170130-SING-saito.jpeg

 

僕も生まれたときモーツァルトがかかってたんで、音(オト)なしでは生きられない、斎藤にぴったりの映画だと思いましたし、とにかく音に埋もれたいっていう方には、最高です。将来的には僕も世界に飛び出したいので、ようやく一段目ができてきたなと。本当に明るくなる、かわいいキャッチーなキャラクター達がたくさん登場するアニメーションとなっております。わたくし斎藤も少しですが、力添えをさせて頂いておりますので、よかったらみんな劇場に足を運んでください。ぺっぺっぺー

山寺宏一【マイク役/セス・マクファーレン】

20170130-SING-yamadera.jpeg

 

『SING/シング』は最高のエンターテインメント! 心が躍り、胸がじーんと熱くなって涙をする、本当に素晴らしい映画です。老若男女すべての方に楽しんでいただけると思います。そして日本語吹き替え版がすごいことに! ほとんどの歌を日本語で歌ってるので、繰り返し観て頂ければ、一緒に口ずさむ事もできるのではないでしょうか? 是非劇場で、何度もご覧いただきたいと思います! よろしくお願いします!

坂本真綾【ロジータ役/リース・ウィザースプーン】

20170130-SING-sakamoto.jpeg

 

いろんなキャラクターが出てきますが、一人一人の抱えている悩みや想いに共感できるし、本当に子供から大人までみんなが楽しめる素敵な映画になっています。懐かしい曲から、最新の楽曲も出てくるので、きっとどこかに必ずお気に入りの曲が出てくるのではないでしょうか。観ていて楽しくなってきたら、そこが劇場だとしてもキャラクターたちと一緒に歌ってしまっていいと思います! 是非劇場でご覧ください!

田中真弓【ミス・クローリー役/ガース・ジェニングス】

ミス・クローリーは、感情豊かなおばあちゃん・・・・・・すてきです。
私も200歳まで・・・・・・頑張れるかい?!
傷つくのをおそれていたら何もできない!
勇気が出る映画です! 夢をあきらめるな~!!

宮野真守【エディ役/ジョン・C・ライリー】

20170130-SING-miyano.jpeg

 

『SING/シング』最高のエンターテインメント映画になっています。僕もみていてとても興奮しました。あの名曲だったり、こんな名曲がふんだんに盛り込まれているし、物語の中心には心に残る温かいものが感じられる映画になっています。最高に楽しんで、最高に笑った後に、ちょっとほろっと涙して、そんな瞬間を僕もみなさんと一緒に味わいたいと思っているので、是非映画館でご覧ください。よろしくお願いします。

谷山紀章【ランス役/ベック・ベネット】

音楽って、ワクワクするものですよね。誰もが知っている曲ばかりなので、子供から大人まで、老若男女が楽しめる素晴らしい映画になっています。すごく魅力的で可愛らしいキャラクターたちが活躍していて、我々も魂を吹き込みましたので、是非お楽しみいただきたいと思います。歌は最高です!!

水樹奈々【ベティ役】

音楽が好きな方にはたまらない幅広い選曲!思わず口ずさみ、体が動き出してしまうこと間違いなしです!それぞれの曲に、キャラクターの個性が光るアレンジが加わっていて、オリジナルとはまた違う味わいもあり、聴き所満載です!!「夢を諦めない」ことの大切さ、そしてそこに立ち向かう勇気を改めて感じる作品です。幅広い世代の方々にぜひみていただきたいです!!

大地真央【ナナ・ヌードルマン役/声:ジェニファー・ソーンダース、歌:ジェニファー・ハドソン】

20170130-SING-daichi.jpeg

 

とっても夢があってポジティブな気持ちになれる映画です。
動物たちを人間に置き換えて見ても、あぁこう言う人いるなという風に楽しいですし、 とにかく動物達が可愛いくて、前向きで、愛すべきキャラクター達です。音楽は、懐かしいものから最近のものまで60曲以上!是非、幅広い年代層のみなさんに楽しんでいただきたいです。元気をもらえて、忘れていたものを思い出させてくれる、そんな素敵な映画を、臨場感あふれる劇場で楽しんでいただきたいと思います。

■公開情報
『SING/シング』
3月17日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演(字幕版):マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーほか
吹替版演出:三間雅文
吹替版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
(c)Universal Studios. 
公式サイト:http://sing-movie.jp/

「長澤まさみ、スキマスイッチ大橋卓弥、大地真央ら、『SING/シング』日本語吹替版キャストに」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版