>  >  > 小瀧望の愛くるしさに迫る

ジャニーズWEST・小瀧望、愛嬌のある演技で急浮上ーー『セカムズ』三浦役がハマったワケ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound_westts.jpg(c)タナカケンイチ

 ジャニーズWESTの最年少メンバー・小瀧望が、『世界一難しい恋』(日本テレビ)に出演している。小瀧にとって、連続ドラマは初挑戦だ。主演の嵐・大野智が演じる社長の部下にあたる社員・三浦家康役を演じる小瀧は、出演者の中でも最年少であり、その初々しい演技がなんとも可愛いらしい。

 小瀧が演じる三浦は、入社2年目、適当がモットーの軽い発言が目立つやんちゃな社員。なぜか社長から一目置かれていると自負しており、その根拠のない自信から生意気な言動や空気が読めない行動をとってしまいがちだ。しかし、同僚から軽くあしらわれながらも、自分の考えを貫こうとするその一生懸命さが愛らしく、その初々しい演技もあいまって小瀧自身が持つ可愛いキャラと絶妙にマッチしている。

 まず、ジャニーズ内の立ち位置から見ても、小瀧は三浦を演じる上でぴったりな特性を持っていると言える。ジャニーズでは、グループに所属するメンバーにそれぞれのイメージカラーが割り当てられ、コンサートの衣装やグッズなどでその色が象徴的に使われる。小瀧が担当するピンクは、グループ内でも可愛らしさに秀でたメンバーが割り当てられる傾向にあるイメージカラーだ。例えば、嵐の二宮に”かっこいいのび太”と言われてしまうドジな一面を持っている亀梨和也(KAT-TUN)、女子力が高く自分の魅せ方を知り尽くした手越祐也(NEWS)、小動物系男子と呼ばれることもある知念侑李(Hey! Say! JUMP)、天然な行動が特徴的な戸塚祥太(A.B.C-Z)などもみんなピンクだ。例に漏れず、小瀧にもそんなピンクらしい特性が備わっており、さらに関西仕込みの親しみやすさも持っている。今回のドラマでも、周りに対して生意気な言動をとるキャラクターでありながらも、なぜか憎めない、むしろ愛らしい、と感じてしまうのは、そんな小瀧のパーソナルな部分と役柄がマッチしているからではないだろうか。

 もうひとつ注目したいのが大野との絡みのシーンだ。本来、若手社員が社長に馴れ馴れしく話しかけたり、社長室に出入りするなど考えにくいが、そんなふたりのチグハグな掛け合いがコメディ要素となり、ドラマをより面白いものにしている。違う番組の様子から見ても、大野はどちらかというと落ち着きのあるキャラで、小瀧とは対極にいるような存在だ。以前行われたドラマのイベントでも小瀧が「僕は撮影の時に大野君に絡むのが好きなんですよね。そのたびに面倒くさそうな顔をされる」と発言していたように、大野との温度差がギャップとなり小瀧の無邪気さ(=可愛らしさ)を増長させるのだろう。(引用:大野智、後輩・小瀧望からのしつこい絡みに「イライラしてきますよ」)さらに、よくお笑いでは、体格差を生かしたネタやそのギャップで笑いを誘うコンビがいるが、今回の大野と小瀧にもそれが当てはまる。雑誌『FINEBOYS』で専属モデルを務める小瀧は183cmと高身長で、一方大野は166cmとジャニーズの中でも決して高い方ではない。社長と部下という上下関係がありながらも、フランクな間柄を違和感なく成立させているのは、この凹凸名コンビだからこそだ。

      

「ジャニーズWEST・小瀧望、愛嬌のある演技で急浮上ーー『セカムズ』三浦役がハマったワケ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版