>  >  > BiSHの人気拡大が象徴する、シーンの趨勢

柴 那典のチャート一刀両断!

BiSH人気拡大の背景は? “パンクバンドそのもの”で勝負するグループの本気度

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2017年3月20日~2017年3月26日のCDシングル週間ランキング(2017年4月3日付)(ORICON STYLE)

 2017年4月3日付の週間CDシングルランキングで目を引いたのは、4位となったBiSH『プロミスザスター』だ。

 BiSHについて、筆者は昨年にシングル『DEADMAN』でメジャーデビューを果たしてから当サイト上でたびたびグループについて記してきた。昨年10月にリリースされたメジャーデビューアルバム『KiLLER BiSH』リリース時には「グループの“本気”がより広く伝わっていくことになるのではないだろうか」と予測し、その鍵がグループを支える作曲家・松隈ケンタの作家性にあると分析していた。

 今回のシングルの初週セールス枚数は2.4万枚。1位となった乃木坂46『インフルエンサー』の87.4万枚という数字と比べると桁が違うが、着実に支持を増やしている状況がみてとれる。ちなみにグループは年末にはメンバー、アイナ・ジ・エンドの声帯結節の治療のため活動を休止していたが、年明けから全国ツアー『BiSH NEVERMiND TOUR』で復活。ツアーファイナル公演となったZepp Tokyo公演で、今度は7月22日に自身最大規模の会場である幕張メッセイベントホールでワンマン公演を行うことを発表した。動員規模は右肩上がりで駆け上がっている状況だ。

 そのZepp Tokyo公演のアンコールで披露されたのが、「プロミスザスター」だった。その時の模様がYouTubeでも公開されている。

BiSH / プロミスザスター[NEVERMiND TOUR FiNAL @ ZEPP TOKYO]

 筆者もこの日のZepp Tokyoに訪れていたが、何より印象的だったのは松隈ケンタ率いる「鬼バンド」がステージに登場し、バンド編成でのパフォーマンスが実現していたこと。「楽器を持たないパンクバンド」をキャッチコピーに活動してきたBiSHだが、この日に聴かせてくれたのは比喩でも韜晦でもなんでもなく、パンクバンドそのもののライブだった。

 特筆すべきなのは、BiSHにおける「鬼バンド」の存在が決して「バックバンド」という枠組みにおさまっていないということ。BABYMETALにおける「神バンド」やでんぱ組.incの「でんでんバンド」など、生バンド×ダンス&ボーカルというスタイルでライブを行うグループは他にもいる。が、それらのグループではバンドメンバーがあくまで職人としての演奏に徹しているのに対し、「鬼バンド」は松隈ケンタがグループのサウンドプロデューサーをつとめているがゆえに“もう一人のフロントマン”としての存在感を放つ。楠瀬タクヤ(Dr)、小原just begun(Ba)も目立っている。松隈ケンタがステージの最後にメンバー全員と笑顔でハイタッチしていたのがとても印象的だった。

      

「BiSH人気拡大の背景は? “パンクバンドそのもの”で勝負するグループの本気度」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版