>  >  > KAT-TUN 亀梨、結成初期のメンバーの様子を明かす

KAT-TUN 亀梨和也、グループ結成初期のメンバーの明かす 「中丸くんはエリート」

関連タグ
KAT-TUN
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビ系列にて3月8日、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。ゲストには、KAT-TUNの亀梨和也が出演し、軽快なトークを繰り広げた。

 番組の冒頭では、亀梨がジャニーズ事務所への入所時期のエピソードを明かした。亀梨は、同時期にオーディションを受けたメンバーに、KAT-TUNの中丸雄一、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、NEWSの増田貴久、A.B.C-Zの塚田僚一がいることを発表。国分太一は「塚田とか古いんだ!」とコメントし、松岡昌宏も「優秀じゃん」と発言した。また、国分が「中丸とかそのオーディションの中で埋もれそうですけどね」とツッコみを入れると、亀梨は「でも、中丸くんはエリートです。何人か選ばれたんですけど、その中からより厳選されて『WiNK UP』の取材組に選ばれてるんで。『8時だJ』とかにもスッと入ってて」とジャニーズ事務所へ入所したての頃のエピソードを語った。

 また、亀梨と同じグループのメンバーである上田竜也は、亀梨より先にジャニーズ事務所へ入っており、年齢も年上のため、最初はずっと敬語だったことを明かした。さらに、亀梨が「86年生まれです」と発言すると、TOKIOの城島茂がちょうどジャニーズ事務所への入所したのが86年で、松岡が「リーダーが入った時に生まれてる」と発言し、スタジオが湧いた。

      

「KAT-TUN 亀梨和也、グループ結成初期のメンバーの明かす 「中丸くんはエリート」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版