>  > Mellowhead・深沼元昭の音楽哲学

ニューアルバム『Kanata』インタビュー

Mellowhead深沼元昭が語る、音楽家としての信条とサヴァイヴ術「『周りが見えない力』も大事」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150417_mf_4.jpg

 

「とりあえずポジティブなほうに今はベットする」

――では、深沼さんとしては、たとえば5年後、10年後を見据えて、この先のビジョンをどう捉えていますか?

深沼:5年後、10年後も同じようなことをやっていければいいなと思ってますね。ほんとに。こういうことを言うとディフェンシブに聞こえるかもしれないんですけど(笑)、同じことをやっていくだけでも大変なんですよ。同じような情熱を持って、やれる環境を整えて、全部ちゃんと仕事にする。そのバランス感覚を失わずに、体力的にも精神的にもやれていければ、僕の中でそれは勝ちだと思ってます。

――なるほど。同じことをやり続けるって言っても、そのためには変わり続けないといけないわけですしね。

深沼:そうなんです。これまでを振り返っても、やっている仕事自体もどんどん変わっている。最初はアレンジャーとして、基本的なことだけ考えてスタジオに行っていた。そのスタジオ作業を自分でやるようになって、今は録りやミキシングまで自分でやるようになった。結局自分の音楽をそのまま作りたいだけというのはずっと同じなんだけども、やってる仕事は全然変わってる。だから、自分の音を作りたいという感覚で、この先もやっていけたらいいなと思っている感じです。

――そういう根底の部分は変えずに、できることが徐々に増えている。

深沼:うん。そうするのが結果的に最後の到達点に辿り着くのが早いというかね。だから僕のスタジオは、とても小さく保つことを心がけているんです。椅子に座ったら全部の機材に手が届いて、全部の楽器が弾けるようになっているんですよね。たとえ10億あったとしても、商業スタジオみたいな巨大なスタジオは僕の欲しいものとは違うんです。規模を大きくすると別のものになってしまう。管理するために誰か別の人を呼ばなきゃいけなくなったりすると、全部に手が届かなくなる。そのスピード感みたいなものはあんまり失いたくないという。

――深沼さんとしては、これからアーティストがサヴァイブしていくために必要なものはどういうものだと考えていますか?

深沼:今の時代って、バランスがとりやすいですよね。いろんな意見も見れるし、いろんなやり方も調べられるし、自分の立ち位置もわかる。バランスがとれた考え方になりやすい。でも、ここぞという時は、ある意味「周りが見えない力」っていうのも大事だと思います。冷静に考えない。脇目もふらず、もうとにかくこれを完成させるしかないという、そういう推進力が必要なのかなって思います。だって、冷静にバランスよく客観的に突き詰めて考えたら、そもそも音楽なんかやらなくてもいいんですよ。今のところそんなに大儲けできるようなビジネスでもないし。

――手っ取り早く儲けたいなら、ソーシャルゲームなり何なり、別の商売を始めたほうがいい。

深沼:ほんとに。理性的に考えたらビジネスとしては効率は悪いですよ。でも、作りたいから作る。やりたいからやる。この音楽を聴く人は絶対にたくさんいるはずだ、お金を払う人だっているはずだって思い込む。それくらいの気持ちを持ってないと、面白いものは出てこない。それを否定しないようにするのがいいんじゃないかと思います。とりあえずポジティブなほうに今はベットするというか。そこに賭けないと始まらない。バランス悪く生きるしかないって感じですね(笑)。

(取材・文=柴那典/撮影=石川真魚)

■リリース情報
『Kanata』
発売:2015年4月22日
価格:¥3,500(税抜) 
(disc 1
1.逆光のせい
2.その予感
3.Silent bliss
4.未完成 (feat.堀込泰行)
5.スパムの森
6.Come together
7.Memory man (feat.片寄明人)
8.残像の部屋 (feat.西寺郷太)
9.乾いた涙無駄にならないように
10.5秒前のゴースト
11.栞
12.手の温度
13.逆光のせい (reprise / feat.堀込泰行)

(disc 2
1.Better days (feat.佐野元春 2015 New mix)
2.Convertible (feat.片寄明人 2015 New mix)
3.ラハイナ (feat.TURNER CAR 2015 New mix)
4.MABATAKI Rewind (feat.竹内宏美 English ver.)
5.Leviathan (未発表曲)
6.未完成 (FKNM Vocal ver.)
7.残像の部屋 (FKNM Vocal ver.)
8.Memory man (FKNM Vocal ver.)

・Musicians
Vocal&Guitar:深沼元昭(PLAGUES/GHEEE)
Bass:林幸治(TRICERATOPS)
Drums:小松シゲル(NONA REEVES)
Keyborads:渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)

・Featuring Vocals
片寄明人(Great 3)
西寺郷太(NONA REEVES)
堀込泰行(ex.キリンジ)

■ライブ情報
「”Kanata” Release Tour 2015 Mellowhead ONE-MAN LIVE」
5月9日(土)@名古屋・栄TIGHT ROPE
5月10日(日)@大阪・心斎橋Live House Pangea
5月16日(土)@渋谷club asia

http://www.mellowhead.com/

「Mellowhead深沼元昭が語る、音楽家としての信条とサヴァイヴ術「『周りが見えない力』も大事」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版