>  >  > GOMA STUDIO×ワーナー、アニソンレーベル設立

GOMA STUDIO × ワーナーミュージック・ジャパン、アニソン専門の新レーベルを設立

関連タグ
J-POP
アニソン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150330-goma-03th_.jpg

LOVERIN TAMBURINと世界各国のアニソンミュージシャンたち

 ワーナーミュージック・ジャパンが、世界各国で開催されるアニメイベントに出演している、日本人バンド“LOVERIN TAMBURIN”(ラブリンタンブリン)が所属するGOMA STUDIOと業務提携し、新レーベル「WANNA GOMA RECORDS」(ワナゴマレコーズ)を設立することを、経済産業省の後援となる羽田空港初のアニソンフェスティバル「HANEDA INTERNATIONAL ANIME MUSIC FESTIVAL」(2015年3月26日~28日開催)にて発表した。

 LOVERIN TAMBURINは、1997年に結成され2006年メジャーデビュー。数々のアニソンを手掛けながら活動の幅を広げ、2011年に初の海外公演をフランス、Toulouseで行って以降、活動の拠点を海外に移し、2013年には10か国19公演の海外アニフェスツアーを行ってきた。

 ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役会長の小林和之氏は、「GOMA STUDIOは、日本独自のカルチャーであるアニメソングを、そのクリエイティビティを遺憾なく発揮して、世界各国にきめ細かくライブ発信してきました。これは私たちメジャーレーベルではやりきれなかったことです。私たちワーナーミュージックは、外資であることのアドバンテージを発揮して、彼らの潜在能力を大きく引き出していきたいと思います」と、意欲を語った。

 また、GOMA STUDIOの代表取締役CEOの長尾晃裕氏は、「音楽業界が低迷しているなか、アニメフェスティバルの動員数や活気は年々上昇していて、個人的には一番魅力的な分野だと思っています。しかし、海外ツアーで最初にフランスに行ったのですが、そういう市場があるにも関わらず、交通費などの問題があって行ききれていません。今は一年で10カ国くらいをまわっていますが、それを20カ国くらいにしたいです。また、マーチャンダイズ、グッズの販売やCDの販売もしたいのですが、個人の会社でやっていると輸出入が非常に難しい。ワーナーさんと組む事によって、より良い形で商品を現地に届けたり、デジタル音楽の配信などをやっていきたいと思います」と、業務提携の狙いを述べた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版