>  >  > KREVA主催フェスの意義とは

KREVA主催『908 FESTIVAL』の意義とは 若手フックアップ+異ジャンル混合の効果を読む

関連タグ
KREVA
KEN THE 390
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140525-kreva-thumb.jpgKREVA『BEST ALBUM「KX」(初回限定盤)』(ポニーキャニオン)

 KREVAの主催イベント『908 FESTIVAL』が、9月7、8日に東京・日本武道館で開催されることが決定した。

 昨年度はさいたまスーパーアリーナで開催された同イベント。今年はKREVAのデビュー10周年というアニバーサリーイヤーということもあってか、2日間に渡って開催されるほか、8月28日には昨年に続き大阪・フェスティバルホールにて『908 FESTIVAL in OSAKA』を実施することも告知されている。

 ヒップホップや日本語ラップのシーンでは珍しくフェスの形式を採用し、これまでラッパーはもちろん、ロック系のミュージシャンなども参加してきた同イベントについて、日本語ラップシーンに詳しいライターの猪又孝氏は、その意義を次のように解説する。

「『908 FESTIVAL』にはこれまで、AKLOやSKY-HI、KEN THE 390、サイプレス上野とロベルト吉野といった、これからが期待されるラッパーが多く出演してきました。そこには、彼らにクラブシーンとはまた異なるステージを体験させることによって、モチベーションを上げたり、視野を広げてひとつ上の発想ができるようになってもらいたいという、KREVAの意図があるようです。若手の意識を高め、彼らがより広い世界で活躍できるようにレベルアップさせるという意味で、同イベントは日本のヒップホップシーンにとっても意義深いものだと思います」

 また、ラッパー以外のミュージシャンが出演することについては「日本語ラップの可能性を拡げる」と、同氏は評する。

      

「KREVA主催『908 FESTIVAL』の意義とは 若手フックアップ+異ジャンル混合の効果を読む」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版