>  >  > セカオワ初映画、撮影現場レポ

宇野維正の撮影現場レポート

SEKAI NO OWARI、初の映画作品 秘密のベールに包まれた『TOKYO FANTASY』とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「TOKYO FANTASY」特報

 東京の夜の路上で監督と話し込んでいるFukase。和室で正座して瞑想しているSaori。桜の木の下でギターを弾いているNakajin。レコードショップでアナログレコードを漁っているDJ LOVE。『TOKYO FANTASY』というタイトル、そして8月15日全国ロードショーという公開日以外、ほとんどが謎に包まれていたSEKAI NO OWARIにとって初の映画作品。その撮影現場を収めた写真が届いた。

20140519-sekaowa1.JPG

 

 監督はフランス人のラファエル・フリードマン。ミシェル・ゴンドリーらが所属するプロダクション「パルチザン」に所属し、これまでシガー・ロスのPVを手掛けるなど世界を股にかけて活躍している映像作家だ。台本はなく、監督とメンバーの間の話し合いの中で、撮影のロケーションや演出プランが決められていった本作。撮影時期の3月下旬から4月にかけては、ちょうどSEKAI NO OWARIにとって初めての全国アリーナツアー『炎と森のカーニバル -スターランド編-』の準備期間、そしてツアー序盤戦とスケジュールが重なっていた。もちろん作中には、他では観ることのできないそのリハーサル風景や舞台裏などのシーンもカメラに収められているが、今回の写真を見ればわかるように、本作はいわゆるツアードキュメンタリーのような作品とは一線を画すものになっている。

20140519-sekaowa2.JPG

 

 ラファエル・フリードマン監督は次のように語る。「『TOKYO FANTASY』は今までのドキュメンタリーとは違い、SEKAI NO OWARIというバンドと彼らの音楽を様々なスタイルの映像を織り交ぜながら表現し、まるで夢を見ているようなファンタジーと現実が行き交う世界を描いた作品です。ヨーロッパ人である私から見た、“SEKAI NO OWARIの物語”を映画に出来たらよいと思っています」

 現在も「炎と森のカーニバル -スターランド編-」ツアー真っ最中のSEKAI NO OWARI。先日、その合間に都内某所で行われた撮影現場を取材させてもらった。その日の撮影では、「あなたにとってSEKAI NO OWARIとは?」「あなたにとっての東京とは?」といったベーシックで本質的な質問から、今後の本格的な世界進出に向けての戦略まで、監督による多岐にわたるロングインタビューが各メンバーにマン・トゥ・マンで行われていた。その中で、監督自身からの「どうして外国人の監督を起用したのか」という質問にFukaseは次のように答えていた。

      

「SEKAI NO OWARI、初の映画作品 秘密のベールに包まれた『TOKYO FANTASY』とは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版