>  >  > 大島優子卒業後の注目メンバーは?

AKB48大島優子卒業後は古参メンバーが鍵に!? 気鋭のアイドル論者が読み解く

関連タグ
AKB48
SKE48
JPOP
さやわか
アイドル
田口俊輔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月30日、AKB48大島優子の卒業セレモニーが行われる予定だったコンサート『春コン in 国立競技場~思い出は全部ここに捨てていけ~』(東京・国立競技場)が、荒天のため中止・延期となった。大島は当日、集まったファンの前に姿を現し、涙を浮かべながらも笑顔で、「天気なので、どこにもこの悔しさと悲しさをぶつけられないのがイヤなんですけど、次、ちゃんと卒業セレモニーをやる時はそこに一生懸命ぶつけて、皆さんに最高のAKB48の大島優子を見せたい」などと語り、ファンとの再会を誓った。

 大島の公式ブログには「優子は悪く無いから…謝らないでください。次行く時には『最高の大島優子』を見れることを信じて、その日まで楽しみにしています」「最後にファンの前に出てきてくれて、ありがとう」「正直ショックだったけど、優子をコンサートで観れる日が先になっただけだよ!」と、公演中止という結果になったにも関わらず、数多くの励ましの言葉が寄せられ、改めて大島の人気の高さが伺えた。

 大島は、AKB48において象徴的存在といっても過言ではないメンバーだった。そのため、大島卒業後の同グループの動向を懸念する声も少なくない。

 書籍『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)の著者であり、ライター・物語評論家のさやわか氏は、大島卒業後の同グループの課題について次のように分析する。

「秋元康氏は、AKB48は『クラスの中で10番目に可愛い子たち』といった表現をしていましたが、大島さんはまさにAKB48の一般的なイメージを体現していた人でした。明るくて、気さくで、ちょっと可愛い感じ。しかも大島さんの場合は、どんどん前に出ることができるタレント性も持っていました。そういった人が卒業してしまうのは、すこし心配ですね。ただ、だからといって大島さんの抜けた穴を大島さんっぽいキャラクターで埋めようとするのは違うと思います。AKB48の魅力は、なんといっても全員が異なるキャラクターを持っているところですから」

 さやわか氏によると、先日の大組閣では、ある意味では初期のAKB48の各チームのイメージを思い起こさせるような原点回帰的な人事も見られたという。そういった状況も踏まえた上で、今後グループにとって重要なのは、知名度の高い古参メンバーが、総選挙などを通じて自然な形で中心になっていくのが大切ではないかと、同氏は続ける。

「AKBオタはともかく、一般の知名度からいっても、今後中心となっていけるのは指原莉乃さん、渡辺麻友さん、高橋みなみさんなどではないでしょうか。しかし、指原さんは自らコメディリリーフを自覚しているキャラクターなので、AKB48全体のイメージ像を背負っていくといった感じではありませんし、たかみなさんの場合はやはりキャプテンキャラで、全体の指揮官的ポジションなんですよね。そうなると自然とまゆゆにスポットが当たるわけですが、彼女がエースに向いているというのは、初期のAKB48のノリが十分わかっているところだと思います。テレビだとヲタクキャラや清純そうなイメージが強いですが、体育会系のAKBらしさもちゃんとわかっていて、実際に接触するとすごく元気で面白い印象も与える。原点回帰という意味合いでも、彼女がエース的なポジションになっていければ、グループにとってプラスかと思います。しかしながら現在のAKB48はすでに『会いにいけるアイドル』ではなくなっていて、テレビなどのメディア露出にイメージが左右されがちです。大島さんの場合はテレビでも面白さが伝わっていましたが、まゆゆに関しては必ずしもそうとは言い切れない部分があります。そこが懸念点ですね」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版