>  >  > ユニコーン、「大人の余裕」はどこから?

ユニコーン、再結成後も絶好調 年齢さえネタにする余裕はどこから生まれる?

関連タグ
阿部義晴
奥田民生
氣志團
JPOP
ロック
柴那典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニコーンが3月26日にリリースする新アルバム『イーガジャケジョロ』の詳細が発表されるとともに、収録曲の「あなたが太陽」が、資生堂「アネッサ」のCMソングに決定したことが明らかになった。「あなたが太陽」は現在、「アネッサ」のCM動画で楽曲の一部を聴くことができる。

 初回生産限定盤の特典DVDには、「あなたが太陽」のレコーディング風景等を収録した「冬季ゴニンピック ~13/14秋冬シーズンを観測、笑いの祭典~」、そして「Feel So Moon」のミュージックビデオを収録。セブン-イレブン等で購入できるセブン&アイ盤には、特典として新曲「はいYES!」を収録したエクストラCDが同梱される。

ANESSA 「快感ジュレ!」篇 スペシャルバージョン|資生堂

 80年代半ばからバンドブームの中心的グループのひとつとして活躍したユニコーンは、1993年に惜しまれつつも解散。メンバーはその後、それぞれソロとして活動するなどして、とくに奥田民生は大きな商業的成功を収めた。そして2007年、キーボードの阿部義晴によって「5人での新曲作り」が持ちかけられ、2009年より本格的に再始動。2011年には19年ぶりにJUN SKY WALKER(S)との対バンを日本武道館で開催した。2014年には今回のアルバムを引っさげての全国ツアーも予定している。

 ユニコーン再結成後の活動について、音楽ライターの柴那典氏は次のようにコメントしている。

「ユニコーンは2009年の再結成後、初となるアルバム『シャンブル』が約30万枚を売り上げ、全国ツアーでも約15万人を動員しました。活動休止前のユニコーンが1993年にリリースしたアルバム『SPRINGMAN』の売り上げが約29万枚だったので、当時と変わらないどころか、さらに売れたことになります。このように彼らが完全復活を遂げることができた理由としては、各メンバーが充実した音楽活動を継続していたことが挙げられるでしょう。中でも注目したいのは阿部義晴さんの活動。彼はユニコーン解散後、プロデュースワークに力を入れ、2000年代初頭には氣志團をヒットさせるなどの実績も積んでいます。そうして磨かれたプロデュースの手腕を、かつての自身のバンドに応用し、メンバーそれぞれの円熟したスキルを引き出しているのが、再結成後のユニコーンなのだと思います」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版