小口桃子が離婚を経験しても『バチェラー・ジャパン』シーズン4に挑戦した理由

小口桃子が『バチェラー』に挑戦した理由

 Amazon Prime Videoにて、Amazon制作の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4が独占配信中。本作は、1人の独身男性=バチェラーのパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる複数名の女性たちが競い合う「婚活サバイバル番組」だ。シーズン4では黄皓(こうこう)がバチェラーを務め、女性たちと豪華絢爛なデートや、華やかなカクテルパーティーを楽しむ。今回、リアルサウンド テックでは女性参加者の小口桃子に話を聞いた。過去の恋愛から、現在の結婚観についてまで、赤裸々に話してもらった。(Nana Numoto)

【撮り下ろし写真】小口桃子

――さっそくなのですが、『バチェラー・ジャパン』シーズン4に参加を決めた理由を教えてください。

小口桃子(以下、小口):私は元々『バチェラー・ジャパン』シリーズのファンで、全シーズンを通して観ていました。私自身、キラキラした世界に憧れはあったのですが、実はその時は婚約していたので、代わりに妹に『バチェラー・ジャパン』の応募フォームを教えて、その場で参加してもらったんです。その後、私は離婚を経験しているのですが、このタイミングでちょうどまた募集が始まっていたので、チャンスだと思い応募しました。

――まるでプリンセスのような華やかな世界なので、女性として憧れる気持ちはすごくわかります。

小口:『バチェラー・ジャパン』といえば、男性の素晴らしさだけではなく女の子のドレスやメイク、髪型なども見どころになってくると思うんです。女の子の変化がすごく感じられる。私の妹は芸能活動なしにシーズン2に参加しましたが、1話から比べると最後にはすごくかわいくなったと思います。これは「好きな人のために」というパワーがなせる技だと思っていて。

――今回はバチェラーが誰か分からない状態での応募になりましたが、初対面で黄皓さんがバチュラ―と判った時の印象はどうでしたか?

小口:『バチェロレッテ・ジャパン』を観ていたので、「黄皓さんだ!」とすぐ気づきました! プロフィールまで細かく見ていたので私と同じ年だということも覚えていました。なので、その分、わかり合える部分も多いかなと期待が膨らみました。一方で、黄皓さんはいわゆるハイスペックな男性ですので、そんな彼の心に入れる余地はあるのかなと不安もありました。

――加えて、ライバルとなる女性陣も個性豊かでしたよね。

小口:1話のカクテルパーティーで、秋倉諒子さんがプールに飛び込んだのにはびっくりしました。みんながドレスを着ている中で、1人飛び込む勇気がすごいなと感じました。あと、清水香澄さんには最初、「アリアナ・グランデがいる」と思いました。黄皓さんを楽しませるだけじゃなくて女の子の緊張をほぐすために、ポージングをして笑わせてくれたりして、彼女を見ているとすごく元気になれます。

――女性陣は、グイグイ前に行くタイプと控えめなタイプに二極化すると思います。控えめな印象の小口さんが、前に出る女性陣に対して感じたことはありますか?


小口:グイグイ系の方が多かった分、オオカミの中にいる羊みたいな感覚でいました。私自身がそんなに積極的になれないので、タイミングを逃してしまって後悔したことはありましたね。みんなから盗める部分は盗んで前進していたつもりはあったのですが。

――試行錯誤があったのですね。具体的に盗んだ部分について聞きたいです。

小口:私が盗もうと思ったのは休井美郷さんと中野綾香さんの“あざとさ”ですね。まだ実践はできていませんが、そこを参考にしていこうかなと思っていました。自分にない部分がある子たちなので、そういうところはすごく気になっています。

――ドレス選びやメイクで勝負を仕掛けようと工夫した点はありますか?

小口:日によって変化した自分を見せたいので、髪型をアップからダウンスタイルにしたりストレートから巻いてみたりしました。いろんな自分を見せるための外見的な努力はしたつもりです。もともと話すのが苦手で、どちらかというとわかってもらうのに時間がかかる方なんです。中学生のころからモデルのお仕事をやらせてもらっていて、身体で表現することの方が多かったこともあり、人と話すのが苦手なんですよね。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる