『どうぶつ奇想天外!』公式YouTubeが開設1周年 チャンネル登録者数は20万人を突破

 TBSの往年の人気番組『どうぶつ奇想天外!』の公式YouTubeチャンネルが、開設1周年を迎えた。

 昨年10月3日に開設された公式 YouTube チャンネル「どうぶつ奇想天外・WakuWaku」。『どうぶつ奇想天外!』(1993年~2009年)や『わくわく動物ランド』(1983年~1992年)などの動物番組で放送された様々な動物たちのVTRを再編集し、毎週3~4本のペースで配信している。

 現在も順調に更新を続けており、220本を超える動画を配信、チャンネル登録者数は、開設から1年を待たず9月で20万人を突破し22.1万人、動画の総視聴回数は6,549万回、総視聴時間は475万時間を記録している(※10月20日時点)。

 チャンネルの概要欄には、「TBSテレビが追い求めた地球に生きるすべての動物たちのふしぎ、面白さ、命の尊さ、感動がよみがえる! 動物たちの信じられない能力に驚かされたり、親子の愛に涙したり、生と死が隣り合わせの大自然に感動したり、生き抜こうとするエネルギーに圧倒されたり……! ときに人間には残酷に思える野生動物の世界の厳しさからも目をそらさず、生命の輝きをみつめます。少しでも多くの方に生きものたちの本来の姿、素晴らしさに触れていただき、動物を好きになっていただければと思います。」と制作スタッフからのメッセージが寄せられている。

 その言葉通り、動画は多彩なラインアップが並ぶ。ライオンの意外な姿やサバンナの動物たちとの関わりを描いたドキュメンタリーを集めた「百獣の王ライオンとは何だ!?」、神秘的な多種多様な動物が登場する「母なる海の動物たち」、そのタイトルの通りの「かわいい!もふもふ動物大集合」「爬虫類&両生類の館」「摩訶不思議!昆虫ワールド」、動物園や水族館の協力のもと、動物たちに様々なシチュエーションを提供してその能力や行動を観察した「どうぶつ○○してみた!大検証」、身近に観察できる小さな生き物たちの不思議や勉強になる生態を紹介する「夏休みの自由研究に役立つかも☆」、盲導犬のドキュメンタリーなどを集めた「動物と人の絆物語」、あらゆる生き物に精通した“どうぶつ博士”としてTBSの動物番組に出演し、「千石先生」として人気を博した千石正一(※当時(財)自然環境研究センター研究主幹)のリポートを集めた「千石正一先生が行く!世界いきもの探検記」などなど。

 これまで『どうぶつ奇想天外!』をはじめ数々の教養バラエティ番組を担当し、チャンネルを手がける樋江井彰敏プロデューサーは「TBSでしか見ることのできない動物たちの秘蔵映像が満載のチャンネルです。動物たちが生み出す驚き、感動、笑い、全てが見る人に元気を与えてくれると思います。お子さん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、家族みんなで見てください」と語っている。

■ YouTube チャンネル「どうぶつ奇想天外・WakuWaku【TBS 公式】」
https://www.youtube.com/channel/UCZyTQOYz1pB7rV2EXKFTQdw/about
公式Twitter:@animalwaku_tbs
公式Instagram:@animalwaku_tbs



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる