パパラピーズ・じんじんが語るコンビ愛 「YouTubeをやるなら、相方はタナカガしかない」

 ビジュアルもキャラクターもフォトジェニックな「じんじん」と、芯の強さと鋭いツッコミが魅力の「タナカガ」による、異色の男女2人組『パパラピーズ』の勢いが止まらない。2020年、最も勢いのあるYouTuberとしても注目を集め、その活躍はYouTubeを拠点に、テレビ、ラジオ、そしてアパレルブランドへの進出と、広がりを見せる一方だ。

 前回、相方・タナカガがじんじんへの思いを語ったインタビュー記事を読んだというじんじんが、満を持してリアルサウンドに登場。コンビ結成当時から感じていたタナカガへの予感、そして「サイズレス、ジェンダーレス、エイジレス」というコンセプトを掲げたアパレルブランド『JINCL』に込めた願い、2021年の目標について聞いた。(佐藤結衣)

【記事の最後に、じんじんさんのサイン入りチェキプレゼントあり】

YouTubeをやるなら、相方はタナカガしかいない

――前回、タナカガさんのインタビューにもありましたが、もともとおふたりは友だちの友だちだったそうですね。タナカガさんの第一印象はいかがでしたか?

じんじん:たしかに輪の中の1人という感じで知り合いましたが、僕は最初からタナカガを特別視していました。とにかくツッコミ力が高くて、ギャグセンスもあって、ファッションも個性的だし、「めっちゃ面白い! この子」ってツボに思ってました。でも、当時SNSをしている友だちの中で、タナカガのフォロワー数だけなぜか少なくて。「この子がなんで?」と思っていました。

――YouTubeをやろうと声をかけたのは、じんじんさんからだとお聞きしました。そのときの心境はいかがでしたか?

じんじん:当時、タレントに憧れて上京して1年ぐらい経ったころだったんですけど、ツイキャスで発信する活動はしていたものの、職業と呼べるようなものではなくて。ふと「何をしに東京に来たんだろう」「何にもなれてないじゃん」って思ったタイミングでしたそんな状況を打破するために、イチかバチかで始めようと思ったのがYouTubeでした。そのとき、「YouTubeをやるならタナカガしかいない」って思い浮かびました。よくメディアなどのインタビューで取材していただいた際には「軽い気持ちでタナカガを誘った」みたいな話し方をしていましたけど、心の中では「やるからには」っていう覚悟があったんです。

――タナカガさんの反応は、覚えていらっしゃいますか?

じんじん:「あ、ええで」って(笑)。というのも、ちょっと前から2人で「YouTubeいいよね」っていう話はしていたんです。周囲の友だちからも「2人でやれば?」みたいなことも言われてて。当時はふざけながら「やらへんわ」みたいな感じで返していたんですけど。それは、照れ隠しとかではなく、本当にそのときは想像がつかなかったんですよね。でも、考えてみればタナカガは動画編集もできるし、僕はツイキャスを通じてフォロワーが3〜4万人くらいいて。お互いにないものを持ち寄って新しいことができるかもしれない、と。

――1本目を撮影したときの気分は覚えていますか?

じんじん:ひたすら楽しかったですね。仕事としてというよりも、ただただ楽しくて。でも、それが大事だと思っていたので、やっぱり「タナカガとならイケる」って思いました。

『パパラビーズ』のボツ動画は0本!


――ご本人が楽しんでいることが、YouTubeの醍醐味ですよね。

じんじん:そうなんです。その場の雰囲気がそのまま伝わるんですよね。逆にこんなに楽しい動画なのに、なんで再生回数がのびないんだろうって思うときもあるくらいで(笑)。

――そういうときはおふたりで話しているんですか?「どうしてなんだろうね?」と。

じんじん:していましたね。チャンネルの数字がわかる画面を見ながら。「なんでなんやろう。面白いのにな?」「な!」って(笑)。

――たしかに今、1本目の動画を見ても、おふたりの関係性が変わったような印象はないですよね。

じんじん:まあ、ちょっと見た目とか違うところはありますけどね(笑)。基本的には、ずっと素ですからね。

――撮影していて「これはボツだ……」となることもあるんですか?

じんじん:えー! ないかもです!

――1本も!?

じんじん:はい、1本も! というのも、撮影しているときのテンションと、編集したときの感覚がまた違っていて。撮影のときに手応えがいまいちだったとしても、編集で見返してみると「面白いところいっぱいあるじゃん!」ってなるパターンばかりだったので。なので、これまで撮影したけどボツにしたっていう動画は1本もないですね。

――すごいですね。

じんじん:たしかに、YouTuberさんの中でもよく聞きますよね、ボツ動画って。僕たちって、企画よりも2人のキャラクターを見せていこうっていう大前提のテーマがあるからかもしれないですね。企画が違うなってなったとしても、そこに対する2人のリアクションがあるわけで、何かしらの掛け合いが生まれるんですよ。その経緯が面白くなっちゃうので、ボツがないのかもしれないです。

自分を持っているところが、タナカガの魅力

――そうして初投稿から約3年でチャンネル登録数は160万人を超えるまでになりました。今の心境はいかがですか?

じんじん:正直、こんな言い方したら変に聞こえるかも知れないんですけど、「なんで自分たちなんかが?」って信じられないところが今でもあります。2人の関係性も、やってることもそんなに変わっていないから。

――タナカガさんの印象としても全く変わっていないですか?

じんじん:はい、全く。家族みたいというか、兄妹みたいというか。沈黙も気まずくないので、騒ぐときはめっちゃ騒ぐし、どっちかがちょっとボーっとしたいなってときは、察して静かにしていますし。

――タナカガさんは、年齢的には「兄妹」ですが、実際の関係性は「姉弟」だってお話していました。

じんじん:言ってましたね(笑)。タナカガのほうが4歳年下なんですけど、頼りがいがあるというか、助けてもらう場面が多いので。双子の妹みたいな感じですね。

――じんじんさんから見て、改めてタナカガさんの魅力とは?

じんじん:流されないところですね。僕は人の意見を聞くと「そっか〜」ってなりがちなんですけど、タナカガは「私はこうやで!」って全然ブレない。面白いことにプラスして、自分を持っていてスゴいなって。

――逆に、ここを直してほしいというところはありますか?

じんじん:これまでケンカっていうケンカはしてこなかったんで、それだけ「ん?」って思うところがないと思うんですけど……強いて言うなら、数分単位の遅刻(笑)? 僕、ずっとバスケットボール部時代に染み付いた「何分前行動」とか「時間厳守」とかが抜けなくて。基本的には余裕を持って到着しておきたいタイプなんですよ。でも、タナカガはマイペースで。一緒に住んでいたころ、出かける前のメイクとかギリギリの時間になっても全然慌ててなくて「なんでそんな急がないの?」と、やきもきした覚えはありますね。

『パパラビーズ』がくれた、ありのままの自分でいる心地よさ

――2020年が、人気YouTuberとして脚光を浴びた1年になりましたが、その渦中にいたときはどんな気持ちでしたか?

じんじん:僕らの場合は「この動画が」というきっかけがあって注目していただいたわけではなく、じわじわと数字が増えていったという感じでした。しかも、コロナ禍の外出自粛期間中だったこともあり、実感としてはSNSの反応とか再生回数といった数字の部分でしかわからなかったですね。そのときは、ただ「わー、すごい! 楽しいな」って思っていました。

――実生活では何か変化はありましたか?

じんじん:緊急事態宣言が解除されたタイミングで外出したとき、声をかけていただく頻度と場所が多くなったのは感じました。飲食店とか携帯ショップの店員さんから「いつも見てます」「応援してます」って言っていただいたり、小学生からお父さんお母さん世代まで、本当に多くの人が見てくださっているんだっていうのを知れましたね。

――2020年は、芸能人の参入などYouTube全体としても大きな変化がありました。じんじんさんがテレビに出ることも増えましたが、いかがですか?

じんじん:本当になんで出させていただいているのか今でもわからないっていう感じです。でも、ありがたいことに、ずっとテレビで見ていた方々から「動画見てますよ」って言っていただくことも多くて。自分がYouTubeをやってきたおかげで、こうしてお話ができているんだなって思いました。

――Twitterでも、たくさんのご友人に恵まれているのを拝見しましたが、もともとお友だちは多いタイプなんですか?

じんじん:いえ、もともと地元では全然友だちがいなくて。ちょっと友だちという関係性にコンプレックスに感じていたところもありました。学生時代は、広く浅くいろんな人と遊んでいたんですけど、卒業したら誰とも連絡していないっていうオチで……。東京に出てきてから、友だちとは深いところまで話していいんだっていう気づきもあって、もっと大事にしようって思うようになったんです。きっと地元にいたときは同性愛者であることとかまで伝えることができなくて、どこか自分を取り繕っていたところがあったんですよね。でも、上京してからは、もうありのままに。ぶつかり合ってるというか。

――オープンにしていこうというのは、上京するときに決めていたんですか?

じんじん:あの、YouTubeの動画のときに……。

――あの動画が、きっかけで?

じんじん:そうなんです。言うつもりは、あのときまでなかったんですけど、撮影していた流れというか、「言ったほうが面白いかな」っていうきもちになって。たぶん『パパラビーズ』としてYouTubeをやってなかったら、そこまでオープンにはしていなかったかもですね。

――タナカガさんの恋愛経験がないという話もありましたが、おふたりの飾らないやりとりに、視聴者も友だちのような距離感で自然と「そうなんだ」って思えたんじゃないでしょうか。

じんじん:そう言っていただけると、嬉しいです。たしかに、お互いにビックリはしましたけど、「重大発表」みたいな大げさな感じにはならなかったですね、僕らの場合は。なんか、ナチュラルな感じに言い合えるのが、心地いいんですよ。