『ゆるキャン△』の世界を体験できるVRゲームはどう作られた? ファンへのホスピタリティが垣間見える開発秘話

『ゆるキャン△』の世界を体験できるVRゲームはどう作られた? ファンへのホスピタリティが垣間見える開発秘話

限られた時間の中、アニメ2期に合わせた完成度を目指す

ーー キャラクターも背景も緻密に表現されていますが、その中で特に苦労した点を一つ挙げるとしたら何を思い浮かべますか?

須田:キャラクターに関しては最初に想定してつくっていたモーションにキャストさんの声が入ることで動きのイメージと異なる部分があり、つくり直しが必要になったことですかね。終始バタバタしていたなと思っています。

 開発の段階では声優さんの声が入っておらず、シナリオを読みながらフリーの電子音声を聞き、そして『ゆるキャン△』のアニメを見つつ、なでしこやリンちゃんの動きを考えてモーションをつくってもらいました。そこに声優さんの声をつけたとき、想像とは違うイントネーションや声の表情があり、結果練り直すという(笑)。

北尾:例えば、リンちゃんは朴訥のように見えて、急にテンションが上がるときがありますよね。そういう場面で演者さんがこちらの想定以上のリアクションをされてきた場合、動きがあまりないモーションでは違和感が生まれてしまいます。なので、後からもう少し動きをつけたモーションに変更した感じですね。

山田:背景だけではないのですが、マルチプラットフォームでの開発なので、すべてのデバイスで確認をしてそれぞれ同じような見え方になるように調整していかなければならず……。Oculusでは出ている風合いや見え方がスマホでは違う見え方で表示されているなどの状態が各デバイスで起きてしまうため、それぞれの良いところを取って進めていきました。

 デバイスごとの処理能力にも違いがあるので、その差を埋めて同じような見え方にしていく作業は一番大変でしたね。人によって見方や見ている場所が違うため、そこも逆算しながらつくっています。

ーー 開発を統括されていらっしゃる北尾さんが感じた一番の苦労は何でしょうか。

北尾:アニメの良さをどうVRで再現するかは一番意識していましたが、アニメ2期の制作と並行しての開発だったので焦りのようなものはありましたね。徐々に公開されるアニメのキービジュアルやトレーラー映像などを見て、1期の期待を超えようとアニメ側のスタッフのみなさんが頑張られている。かなりこだわりを持って取り組まれているお話も伺っていたので、我々も頑張らねばと。アニメ2期に合わせた完成度を限られた時間の中で注力していくのは、開発スタッフみんなが苦労したと思います。

 「ゆるキャン△」のフル3D化は初だと思いますが、中途半端なものはつくりたくない、極限までいいものを突き詰めていこうという意思からの苦労はありました。

「本栖湖編」「麓キャンプ場編」それぞれ違いを楽しんでほしい

ーー 開発に携わったみなさんから「本栖湖編」「麓キャンプ場編」それぞれの楽しみ方を教えていただきたいです。

須田:衣装の違いを楽しんでほしいですね。「本栖湖編」はゆったりとしたデザインの服、「麓キャンプ場編」はジャケットを着た動きやすいデザインの服になっています。


北尾:服と料理は原作者のあfろ先生がデザインされています。さまざまな衣装を楽しめるのが「ゆるキャン△」の魅力の一つだと思っており、せっかくならアニメに登場していない新しい衣装がつくりたい、かつあfろ先生に描いてもらいたいと思い依頼したところ実現しました。

須田:見た目の違いを楽しんでいただきたいと思います。また、「本栖湖編」はなでしこ視点でリンちゃんが見られて、「麓キャンプ場編」ではリンちゃん視点でなでしこが見られます。それぞれの表情や反応を楽しんでもらいたいです。


山田:僕は「本栖湖」「麓キャンプ場」それぞれから見える景色の違いを体験してほしいです。「本栖湖」は湖が特徴的で、近寄ると風景が少し違って見えたり波の音が聞こえたりします。「麓キャンプ場」では広々とした場所の周りにある自然を感じられます。場所によって顔色の変わる富士山も体験してほしいと思います。


ーー ありがとうございます。それでは最後に『ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP』をプレイされるみなさんに向けて、注目してほしいポイントを教えてください。

須田:なでしこもリンちゃんも表情にこだわっているので、それはよく見ていただけると嬉しいですね。アニメで描かれるリンちゃんの「うぇぇ」みたいな特徴的な表情も入っています(笑)。イベントごとに表情や動きも変えているため、一つずつ見てもらえたら嬉しいです。

山田:小物を含めて、しっかり『ゆるキャン△』の世界を再現しています。なでしこ・リンちゃんが持っているスマホ、キャンプで使うグッズなどはすべてアニメで使っていたものを参考につくっています。そういう“『ゆるキャン△』あるある”を感じて楽しんでもらいたいと思います。

北尾:なでしことリン、キャンプ場の中での二人だけの世界を体験できるのは本作の大きな魅力だと感じています。目の前に実在するような没入感はVRデバイスだとより高まり、本当に二人だけの空間として感じられるのでそれはぜひ体験していただきたいですね。


 あと状況を見ていただきつつですが、野外でプレイしていただくとさらに雰囲気を感じられるため、できれば野外や実際にキャンプ場などに足を運んでプレイしていただきたいと思っていますし、野外で一人だけでなくお友達などと一緒に体験を共有していただきたい。その点がスマートフォン対応の大きな意味合いを含んでいます。

 今作は「VRの入り口」となるタイトルだと思っています。そのため例えばOculusQuest専用など、完全なHMD専用タイトルにはせず、あえてスマートフォンへの対応など幅を広く取りました。

 世の中には既にVRコンテンツを沢山プレイされている方や、VRコントローラー操作を駆使してプレイする少し上級者向けのタイトルに飛び込まれている方もいらっしゃいますが、まだ大半の方はVRコンテンツすら体験したことが無い方が多いと感じています。もし気軽に入り込める今作でVRを気に入っていただけたら、弊社の他のVRコンテンツも含め、既存の本格的なVRコンテンツを体験していただき、そのキッカケになればと思います。

■「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」シリーズ概要
ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP ~本栖湖編~ (好評配信中)
ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP ~麓キャンプ場編~ (2021年4月予定)
スマートフォン版 (iOS / Android):1,960円(税込)
PlayStation®4・Nintendo Switch™・Steam版:2,420円(税込)
Oculus Quest版:2,100円(税込)
■公式サイト
https://yurucamp-v.com/
■本栖湖編 ストアURL
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1554132906?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.gemdrops.lbca
PS Store:https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP1970-CUSA20677_00-LBCA000000000000
ニンテンドーeショップ:https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000034154.html
Steam:https://store.steampowered.com/app/1514360/
Oculus Store (AppLab):https://www.oculus.com/experiences/quest/3744543008945335/
■キャスト
各務原 なでしこ(花守 ゆみり) / 志摩 リン(東山 奈央) / 大垣 千明(原 紗友里) / 犬山 あおい(豊崎 愛生)
斉藤 恵那(高橋 李依) / ナレーション(大塚 明夫)
©あfろ・芳文社/野外活動委員会  ©Gemdrops, Inc.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる