千原ジュニアの愛車コレクションが凄すぎる YouTubeで公開された高級ビンテージカーの数々

 知られざるコレクションの一端がまた披露された。

 お笑い芸人の千原ジュニアが2月25日、自身のYouTubeチャンネルで「ジュニアの愛車紹介!〜フォード エコノライン1965年製〜」と題した動画を公開した。

ジュニアの愛車紹介!〜フォード エコノライン1965年製〜

 ジュニアはこれまで、自身のチャンネルに投稿した動画にて、自宅のガレージ内を公開するなどして愛車の一部を“チラ見せ”していた。また、お気に入りのマイカーとして、最近購入した日産のビンテージカー「プリンス グロリア スーパー6 1964年式」も紹介している。

 今回の動画でジュニアは、キャンプ用として「バスを持っているんですよ」とサラッと衝撃告白。この愛車を、一般人の友人である高橋宏和氏が大阪で経営する会社・エスアンドカンパニーへ故障を理由に預けており、この日は修理が完了したため、わざわざ同社まで受け取りに来たのだという。

 ジュニアがキャンプ時に重宝している愛車とは「フォード エコノライン1965年製」。アメリカ・サウスダコタ州で出品されていた同車を、たまたま高橋氏が現地で見つけてきたらしい。高橋氏からこの掘り出し物を買うか買わないかの連絡が来た時を振り返ってジュニアは、「後輩何人かと温泉に行ってる時で、どうしようかな~って言ってたら、後輩が『みんなでレンタカー借りて行くことしょっちゅうありますよ。買ったほうがええんちゃいます?』ってえらい焚きつけられて」と購入に至った経緯を説明した。

 なお、ジュニアは高橋氏と相当仲が良いようで、かつて所有していた「日産セドリック330」を氏に譲渡したと言い、エスアンドカンパニー敷地内に保管されていた同車を指して、「高橋くんに譲ったから、乗りたくなったらいつでも乗れる」とほくそえんだ。旧車好きの周りには、やはり旧車好きが集まる。旧車友だち同士で、旧車情報をシェアしたり、コレクションを気前よくプレゼントしたりするあたり、ゆとりあるリッチな大人の遊びを感じさせるというものだ。