サイコドリーム、メガテン……Switchで遊べる「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン」追加タイトル発表

 Nintendo Switch Onlineで配信されている「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン」にて、新しく配信される2月の追加タイトルが発表された。

 Nintendo Switch Onlineは1か月306円の定額有料サービス。オンラインプレイやセーブデータお預かり機能、加入者限定のゲームソフトを遊ぶこともできる。「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン」はその1つで、名の通りファミリーコンピュータとスーパーファミコンのソフトが遊べるサービスだ。便利な機能も搭載されており、ZLボタン+ZRボタンを長押しすることで、少しだけ時間を巻き戻す事が出来たり、プレイ中はどこでもセーブできたりと過去のゲームソフトを快適に遊ぶ事が出来る。

ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン Nintendo Switch Online 追加タイトル [2021年2月]

 その「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン」で2月に配信されるタイトルは以下の通り。

『サイコドリーム』

 『サイコドリーム』は1992年に発売されたスーパーファミコン用のアクションゲームだ。Dムービーに耐性のある人間をシンカーとなった紗耶香は、Dムービーの世界へ入り込んだまま精神が自発的には戻ることができなくなってしまった。主人公のリョウとマリアは彼女を救うべく、恐怖の幻想ソフト『廃都物語』の中を進むこととなる。作中で登場するアイテムのプロテインは色によって効果が異なり、フリークアウトを起こして攻撃方法を近距離型と遠距離型に変化させる、攻撃力を強化するなどの効果があある。状況に合わせて使い分け、全6つのTRACKクリアを目指す。

『真・女神転生Ⅱ』

 『真・女神転生Ⅱ』は1994年に発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲームだ。『真・女神転生』の続編となる本作の舞台は、かつて東京と呼ばれた街、TOKYOミレニアム。悪魔と戦うだけでなく、ときには交渉して仲間の悪魔、通称仲魔を増やし強敵に挑むこととなる。

 主人公の行動や選択によって結末が大きく変わるという特徴はそのままに、悪魔合体での魔法の受け継ぎや、仮想空間での訓練で経験値を取得できる「ヴァーチャルバトラー」など、さまざまな要素が追加されている。『真・女神転生Ⅱ』の前作『真・女神転生』は「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン」にて既に配信されている。