LDH、ヒゲダン、乃木坂46などのライブを配信 「ABEMA PPV ONLINE LIVE」総動員数250万人突破!

 ABEMAが提供する「ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービュー オンライン ライブ)」の総動員数が、2020年6月の提供開始から約半年間で250万人(※)を突破した。

 「ABEMA PPV ONLINE LIVE」では、ダンス&ヴォーカルユニットEXILEなどのエンターテインメントグループが多数所属するLDH JAPAN(以下、LDH)の有料配信ライブ『LIVE×ONLINE』をはじめ、4ピースバンド・Official髭男dismのキャリア初となるオンラインライブや、10月に開催されたアイドルグループ・乃木坂46の元1期生メンバーである白石麻衣の卒業コンサート、ロックバンド・RADWIMPSのメジャーデビュー15周年を記念した特別ライブなど、バラエティ豊かなアーティストによる臨場感溢れるオンラインライブを配信している。

 さらに、年内で活動終了したダンス&ヴォーカルグループE-girlsのラストライブ『アベマLDH祭り「LIVE×ONLINE」E-girls』や、サザンオールスターズ恒例の年越しライブを2014年以来6年ぶりに無観客ライブの形で実現した『サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020 「Keep Smilin’ ~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ』など、2020年を締めくくる豪華なオンラインライブを配信し、公演数は80回を超え、500人以上のアーティストが出演。約半年で総動員数250万人(※)を突破した。


 「ABEMA PPV ONLINE LIVE」はオンラインライブをより楽しむ独自の特徴を兼ね備えている。最大約2倍のビットレートの高画質映像を実現するなど高品質な視聴体験に加え、スマートフォンやタブレット、自宅のテレビ画面でも視聴可能な「マルチデバイス対応」でいつでも好きな場所でライブ観賞ができる。ほかにも、視聴者同士がリアルタイムでやりとりができる「コメント機能」や、配信開始されたコンテンツを最初から視聴することができる「追っかけ再生」、ライブ中に出演者へスタンプを送ることができる「応援機能」、さまざまなアングルからオンラインライブを視聴できる「マルチアングル機能」、ライブ中に視聴者が投票という形でリアルタイムに参加ができる「投票機能」など、まるでライブ会場にいるようなオーディエンス同士の一体感を楽しむことを可能にした。

 「ABEMA PPV ONLINE LIVE」は、ライブと連動した特別番組を「ABEMA」独占で企画、配信したほか、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって甚大な影響を受けている文化芸術やスポーツに関するイベントの需要喚起を目的として、オンラインライブ事業としては第一号となる「Go To イベントキャンペーン」の対象に決定し、大きな反響を呼んだ。

※2020年6月20日〜12月31日までに「ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービュー オンライン ライブ)」にて開催されたオンラインライブの視聴者数をもとに算出