『マリカー』世代の筆者が、息子たちと自宅で新作『マリオカート』を爆走させてみた

『マリカー』世代の筆者が、息子たちと自宅で新作『マリオカート』を爆走させてみた

 2020年10月16日に任天堂がリリースした、Nintendo Switch向けのゲームソフト『マリオカート ライブ ホームサーキット』。大人から子供まで親しんできた「マリオカート」のゲームがARでリアルと連動していることから、新たなゲーム体験ができると多くの人から注目されている。

 特徴的なのは、Nintendo Switchのコントローラーを利用して、まるでラジコンのようにカートを操縦できるところ。自宅などのスペースを利用してオリジナルコースを設計できるため、遊び方を無限に広げることができる。

 カートにはカメラが内蔵されており、周囲の様子をNintendo Switchに映し出すことができるとともに、付属のゲートを認識してコースに応じた雰囲気を出したりイベントを発生させたりできる。カメラに映るもの全てがコースの環境になることから、不意に映り込む家族の足やペットの出現が思わぬ仕掛けとしてゲームを盛り上げてくれる。

 早速「Nintendo Switch Online」でソフトをインストール。子供たちは当たり前のようにゲームを見ているが、スーパーファミコン時代からマリオカートで遊んで育った筆者は新たな体験ができることに胸を躍らせている。

 同時にカート右側にあるボタンを押してカートの電源もONに。カードはバッテリー駆動のため、事前に付属のUSBケーブルでNintendo Switch本体と接続し、充電しておく必要がある。

 ソフトを起動させたら、画面に表示されるQRコードをカートのカメラに読み込ませてカートと連携させる。連携に成功したら、カートやコースを選択する画面に移行して実際にレースを始めるようになる。

 付属されているゲートは、No.1~4の4種類。それぞれのゲートは部屋の好きなところに配置できるが、カートが番号順に通過するように並べなければ正しくコースを作れなくなるので注意が必要だ。

 コース作成画面に移ったら、スタート地点からゲートを1から4まで順番に通過してコースを作っていく。どのようなコースづくりをするか、部屋にある家具をどのような配置にするかによって、コースの難易度を自由に変化させることができる。想像力の豊富な子供と一緒にコースを考えれば、思いもしなかったようなコースが完成することもある。

 コースが完成したら、実際にレースが始まる。Nintendo Switch1台に対して1つのカートを使用することになるが、他のキャラクターも出現するので、1人プレイでも十分楽しめる。他のNintendo Switchとカートを用意すれば複数人でプレイすることもできるので、さらにゲームが盛り上がるだろう。

 『マリオカート ライブ ホームサーキット』を盛り上げてくれる付属品として、矢印看板がある。一見ただの矢印看板だが、カメラを通して見てみると以下の画像のようになる。

 画像ではただ矢印看板が光っているだけに見えるが、実際は矢印が右から左に流れるように表示されている。ゲームに集中していると、リアルなのかゲームなのか区別がつかなくなる時もあり、「現実とゲームの世界が融合する」という感覚をしっかり味わうことができる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる